ブログ「まんぷく寺」ホテル・ブライダル最前線

ホテル・ブライダル業界に係る皆様の生の声を収集した結果報告。
ゼクシィ19年2月号 関西10

本日は、2019年2月19日

 

ブログ3134号です。

 

 

まんぷく寺、新事業への挑戦!!

 

その代償は大きかった!

 

それは、

 

運営会社への代表取締役になっていた。

(その後、不名誉な証拠残る)

 

年収一千万円のシェフは、

 

何か月も前から正社員。

 

既存の仕事をすべてお断り。

 

住居も決めていた。

 

大手ポータルサイトへ大恥かいた。

 

 

しかし、

 

オーナーの病気ですべてご破算。

 

まんぷく寺絶体絶命の危機!!

 

この続報は、

 

またの機会に先送り。

 

 

 

で、

 

私が追い出されたあの施設の続報。

 

あくまで記憶の範囲内での話です。

 

しばらくして、

 

ゼクシィ広告であの施設の広告を見かけた。

 

やや知名度のある東京の企業が運営。

 

この企業に関して、

 

その後、どうなったかは知らない。

 

 

2014年6月のビジネス記事。

 

あの会社とは別の会社が、

 

「彦根の結婚式場破たん」

 

この記事を見たのが、今年になって。

 

少なくとも、我々が追い出された後、

 

二つの会社が運営したが成功しなかった。

 

 

2014年11月に、

 

イタリアレストランとして、

 

完全リニューアルでオープン。

 

a-hiko-2.jpg

(食べログの写真を引用)

 

a-hiko-4.jpg

(食べログの写真を引用)

 

こんなに素敵なお店に改装していた!!

 

a-hiko-5.jpg

(公式サイトから引用)

 

この施設のすべてをレストランとして活用。

 

かなり大箱のレストラン。

 

 

そして、とても素敵なウエディングを提案。

 

a-hiko-7.jpg

(公式サイトから引用)

 

a-hiko-6.jpg

(公式サイトから引用)

 

まるで、ゼクシィの広告を見ているような出来栄え。

 

a-hiko-9.jpg

(公式サイトから引用)

 

相当レベルの高いプロデュース力!

 

 

 

 

しかし、

 

a-hiko-8.jpg

 

結局、

 

3年間で営業を終えている。

 

 

 

なぜこの会場はうまくいかなかったのか?

 

まんぷく寺の事業計画と、

 

何が違ったのか?

 

 

私なりに答えが出てます。

 

それは、

 

次回。

 

つづく

 

 

JUGEMテーマ:ビジネス

【2019.02.19 Tuesday 17:36】 author : のぶおじさん | ゼクシィ | comments(0) | trackbacks(0) | -
ゼクシィ19年2月号 関西9

本日は、2019年2月18日

 

ブログ3133号です。

 

 

いよいよ運営受託の契約の話。

 

コンサルタント会社として、

 

起業したまんぷく寺。

 

 

言うのは簡単、

 

やるのが難しい。

 

これを証明するため、

 

ブライダル施設の成功事例を作る。

 

事業計画書によれば、

 

3年後に繁盛店にして、

 

お戻しすると書いていた。

 

 

a-P1060634.jpg

 

2007年春。

 

私と司法書士の先生は、

 

退院したばかりのオーナーに、

 

会うために滋賀県〇〇市に訪れた。

 

オーナーの会社を訪ねた私たちに、

 

オーナーはこう言った。

 

「え、何しに来たの?」

 

私は、

 

「お約束の契約を結ぶために来ました」

 

と言ったら、オーナーは、

 

「何の話や、覚えてへんで」

 

と言われた。

 

なんと、オーナーは、

 

記憶が飛ぶ病気で入院したようだ。

 

我々は、書類を広げて、

 

色々説明しようとしたが、

 

オーナーは、

 

「知らん、知らん」と

 

繰り返すだけ。

 

15分の滞在で、

 

私と司法書士の先生は、

 

この会社を追い出された。

 

 

この日以降、

 

私は彦根に行っていない。

 

 

この話は、何の演出もない事実です。

 

こんな話が実在するのも

 

ビジネスの世界である。

 

 

 

本日、膨大な資料の中にあった、

 

彦根プロジェクトファイルを

 

すべて見直した。

 

今読んでも、

 

成功する可能性が高かったと思う。

 

 

この話、

 

続きがある。

 

あれから約12年が経過。

 

あれから(追い出されてから)

 

この施設はどうなったのか?

 

どうでもよかったが、

 

幾度となく、

 

目に飛び込んできたことがある。

 

 

そして、

 

まんぷく寺と同じコンセプトで、

 

この施設を運営した企業がある。

 

私がやろうとしていたことより、

 

もっとお金を使って、

 

かなりハイレベルで運営していた。

 

しかも、ゼクシィ広告を出していない。

(と思われる)

 

ゼクシィ関西、周辺地区の

 

ブライダルビジネスの参考に

 

報告を続けます。

 

もうしばらく、

 

このテーマにお付き合いください。

 

 

つづく

 

注)

 

まんぷく寺ブライダル最前線は、

 

このプロジェクトキャンセルの後、

 

2007年12月23日に始まってます。

 

 

JUGEMテーマ:ビジネス

【2019.02.18 Monday 21:48】 author : のぶおじさん | ゼクシィ | comments(0) | trackbacks(0) | -
ゼクシィ19年2月号 関西8

本日は、2019年2月16日

 

ブログ3132号です。

 

 

ゼクシィ関西版

 

2019年2月号の話ですが、

 

地域外側のケーススタディとして、

 

長らくお伝えしています。

 

いよいよ、

 

ビジネスチャンスの宝庫へ

 

突入します。

 

 

まず、この写真を見てください。

 

a-P1050037.jpg

 

外から見えない中、

 

中から見えない外。

 

a-P1050043.jpg

 

どんな場所に建てても、

 

壁の中には別世界が作れる。

 

a-P1050102.jpg

 

結婚を考えるカップルは、

 

「中を見せてもらえませんか」

 

とやって来る。

 

a-P1050044.jpg

 

施設の顔に個性を持たせ、

 

見たい気持ちを掻き立てる。

 

a-P1030106.jpg

 

ちらっと見せて・・・・。

 

 

ゼクシィにちらっと広告出すと、

 

「見たい」カップルが大勢やってきた。

 

これが、テイクアンドギヴ・ニーズ社の

 

初期の戦略であった。

 

 

その戦略には、

 

ゼクシィが絶対必要であった。

 

 

そのしっかりした戦略を持つ、

 

大手ゲストハウス施設の成功事例を、

 

真似るように作られたゲストハウスの勘違い。

 

 

その大きな勘違いは、

 

「ゼクシィに広告を出せば、

 

多くのカップルがやって来る」

 

と思ってしまうこと。

 

 

今回紹介している施設は、

 

何もかも、(ほぼ悪いところ)

 

外から丸見えで、

 

せっかくやってきたカップルも、

 

施設を外から見て、

 

帰ってしまう。

 

 

一時、流行したテクニックを紹介。

 

今回、

 

紹介している

 

施設の夜バージョンを見てください。

 

a-P1050246.jpg

 

a-P1050245.jpg

 

付録

 

20-1.jpg

 

20-3.jpg

 

見られたくない部分が、

 

闇で隠れる。

 

見せたい部分だけ、

 

ライトを当てて目立たせる。

 

 

この広告なら、

 

カップルは、やや多く来るかもしれない。

 

しかし、決定率は高くならない。

 

 

このような、

 

色々な事情で、

 

素敵な施設ができなかった、

 

ゲストハウスを繁盛店に変えるには。

 

 

この難解なテーマに挑戦した物語。

 

まんぷく寺最大のプロジェクト!!

 

「ゼクシィに出す予算を使って、

 

ブライダル繁盛店に変える」

 

調理場の洗い場の改装から、

 

年収1千万円の世界的なシェフの採用。

 

日本で初めての、

 

大手ポータルサイトと共同の

 

ネット集客大作戦の実施。(極秘)

 

そのために、

 

まんぷく寺スタッフ総動員で、

 

彦根プロジェクトへ全力投球だ!!!

 

a-P1040278.jpg

 

現地スタッフとの

 

コミニケーションも良好。

 

「これならやれる」

 

事業計画も提出。

 

オーナー企業が承認。

 

「あとはやるだけだ」

 

契約終了後、

 

一気に花火を上げて、

 

世間をあっと驚かせるぞ!!

 

a-P1060634.jpg

 

2007年春

 

国宝 彦根城に桜が咲いたころ

 

私は滋賀県彦根市に入った!!!

 

つづく

 

写真:すべてまんぷく寺写真部ファイル

 

JUGEMテーマ:ビジネス

【2019.02.16 Saturday 20:20】 author : のぶおじさん | ゼクシィ | comments(0) | trackbacks(0) | -
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP