ブログ「まんぷく寺」ホテル・ブライダル最前線

ホテル・ブライダル業界に係る皆様の生の声を収集した結果報告。
<< 色彩心理学で選ぶ、優秀ブライダル広告 其の4 | main | 色彩心理学で選ぶ、優秀ブライダル広告 その6 >>
色彩心理学で選ぶ、優秀ブライダル広告 其の5
まんぷく寺ブログ 2012年5月23日、1584号です。
 

映画のスパイダーマンの苦悩が深いのは、


コスチュームが赤と青で


ホルモンのバランスが取れないせいではないかと疑っている


色彩心理コンサルタントYUKOです。


 

しかし、配色は赤と青の組み合わせだけではありません。


例えば、赤と白と緑。


そう、イタリアの国旗!!!


イタリア料理の店には欠かせない配色です。


今日も見かけました、看板で。


こちら


a-サイゼリヤ2.jpg

ちょっと色の分量は違いますが。


ちゃんとセオリーどおり。


 

でも、緑をよく見てください。


イタリア国旗より、少し明るい緑だと思いませんか?

 


もし、この緑を少し深い緑にしたらイメージがまた変わります。


こちら


a-a-サイゼリヤ3.jpg

1:もし、両方の看板がならんでいたとしたら、

 どちらの方が気軽に入れますか?


2:もし、落ち着いた雰囲気で食事したいと思ったらどちらに入りますか

 

あるいは、

Q1)どちらの方が、リーズナブルに食事できそうですか?


Q2)どちらの方が、高級でゆったり食事できそうですか?

 


たった一色をほんの少し変えるだけで、来店される客層が変わります。


あなたなら、どんなお客様をお招きするようなお店づくりを

なさりたいですか?

 


よく、黒を使うと高級感が出るという話がありますが、

黒を遣わなくても
色の明るさや濃さで高級感が出せます。


(文字やイラストのデザインも変えれば、完璧です。)

 

 

では、今日のゼクシィ首都圏版6月号 優秀広告写真は、緑と赤つながりで。


東京
23区より、2枚。

a-赤と緑1.jpg

a-赤と緑2.jpg

緑の自然の中に、あざやかながら落ち着いた赤。


色彩的に言うなら、赤と緑は補色の関係。


上手に使うと、とても印象に残しやすい配色です。


 

奇しくもどちらも和の結婚式。


格式がありながら、華やかさも表すにはよい選択。


昔、緑の木々の中に朱色の神社を立てた日本人の感性に繋がります。


ただ、色彩心理学者の私があと少し付け加えたら、


もっと印象的な美しさにできると言えます。


どんな点だと思われますか?

 


もっと詳しくお知りになりたい方はメール相談でお申し込みください。


こっそりデータをお送りいたします。(無料です。)


お申し込みは 
ここ 


つづく



【2012.05.23 Wednesday 10:01】 author : のぶおじさん | 色彩心理コンサルタントYUKOのぼやき | comments(1) | trackbacks(0) | -
コメント
ブーケを持たせます。

「色」についてなら緑を深くし、白をより白くします。
(黒はつぶして白はとばすというのでしょうか表現が適切かどうかわかりませんが)

傘の赤はもう少し鮮やかにするか、ブーケに大胆な色を持ってきて花嫁の美しさを引き立てます。

後ろのおじさんは巫女さんにする(笑

打ち水で足元を黒くするのも、よくなると思います。
【2012/05/23 10:04 AM】 HANA |
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://manpukuji2.jugem.jp/trackback/1012836
トラックバック
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP