ブログ「まんぷく寺」ホテル・ブライダル最前線

ホテル・ブライダル業界に係る皆様の生の声を収集した結果報告。
<< 色彩心理学で 売れるカラー戦略 其の4 | main | 色彩心理学で 売れるカラー戦略 其の6 >>
色彩心理学で 売れるカラー戦略 其の5
まんぷく寺ブログ2012年5月30日 1591号です。
 

楽園写真家・三好和義さんの写真が

大好きな色彩心理コンサルタントYUKOです。

 

不思議なことに、三好和義さんの写真を見ると、

その場所に行ってみたくなるのです。


旅先の感動を思い出す気がします。

 


氏の写真を見てみると、


とにかく透明感のある鮮やかな明るい色があふれています。


ぼやけた色も、濁った色も感じません。


曇った空でさえ、どこか光が感じられます。


こういった写真がブライダル広告でも作れたら、


その会場に行ってみたい広告写真となるとみています。


そのわけは、花嫁目線委員の感想にあり。

 


花嫁目線委員がゼクシィ広告に言う感想を聞いていると、

多くの方に共通点が。


「暗い感じはあんまり・・・」


「暗いのはいや。」


暗さを感じさせる写真は選ばない、ということ。


「葬式みたい・・・」


という感想を持ったチャペルも×。

 


逆に


「楽しそうな明るい」写真はポイントが高い。


ゲストが笑顔で大勢写っていれば良いというものではなく。

 

・この料理(スイーツも)


・このディスプレイ(装花やテーブルクロスの飾り方)


・このドレス(モデルの身に着けているもの等)


広告写真の中に、その会場のセンスを花嫁は見ています。

 


モニター調査、途中ですがポイント高い写真を


ゼクシィ首都圏版7月号より

a-湘南1.jpg

a-湘南2.jpg

このイスと、美しい緑と花の植栽の組み合わせ方、

ローズピンク系の装花とペーパーアイテム、引き出物などを

まとめ上げたところ。


そして、どちらも明るい光が感じられます。


楽しくカワイイ結婚式を自分のために作り上げてくれる場所だろうと

期待するわけです。

 


せっかく大切なお金を出して公開する広告写真。


花嫁候補生たちに好感を与える写真だけの広告にしたいと思いませんか?

 


自分のビジネスにも使えるだろうかと思われた方。


情報をお知りになりたい方はメール相談でお申し込みください。

 


あなたの会社の経費を削減し、売り上げをアップするお手伝いをいたします。

 


ただし、データを送る件数を限定させていただきます。


全国で各地区先着
1会場さま。


ですから、商圏が重なる場所から申し込まれた場合、
2番目以降の方は申し訳ないのですが、お断りさせていただきます。

全国に何か所もブライダル会場をお持ちの会社様が申し込まれた場合、

その会場があるすべての地区で他の会社様はお断りさせていただきます。


(データそのものは無料です。)

 


お申し込みは 
ここ


『色彩心理学で 売れるカラー戦略』とご記入くださいませ。

 


つづく


(あと1日で色彩心理コンサルタントYUKOのブログは引っ越します。)

【2012.05.30 Wednesday 10:02】 author : のぶおじさん | 色彩心理コンサルタントYUKOのぼやき | comments(0) | trackbacks(0) | -
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://manpukuji2.jugem.jp/trackback/1012844
トラックバック
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP