ブログ「まんぷく寺」ブライダル最前線

ブライダル業界の将来を考えて、ブライダルに係る皆様の生の声を収集した結果報告。
<< まんぷく寺忘年会の模様 | main | ゼクシィで割引広告を止めよう その1 >>
結婚式場から頭を下げさせる方法その2
 本日は、2012年12月19日(水)ブログ1796号です。

ブライダル関連業者の方々が、

結婚式場側から頭を下げらる方法です。

結婚式場は、

「結婚するカップルの紹介が欲しい」


ブライダル関連業者の皆様は、

自社商品をアピールしながら、

ネットで結婚するカップルを集めると、

会場側から契約を結んでもらえる。


たとえば、

「横浜 結婚式司会」で検索してみました。

121219-2.jpg

ある司会会社のサイトを見てみると、

121219-1.jpg

結婚式場に一緒に行ってアドバイスをするとある。

これは惜しい。

結婚式場に同行することは、式場側では迷惑です。

ではどうすれば歓迎されるのでしょうか。

司会者として式場にカップルを紹介して、

その条件として司会の持込を示す。

会場側の悩みは集客です。

会場側の集客・決定コストは20万円以上に高騰している。

もうお金を払っても集客できない現状で悩んでいます。

そこに持込業者としての付き合いと、

カップルを紹介してくれる持込業者とでは、

どちらが喜ばれる一目瞭然です。


カップルを探すサイトはデザインではありません。

121219-3.jpg

「横浜 結婚式司会」で検索すると、このサイトが1ページ上位に出る。

おそらく司会者個人で作っているサイトと思われる。

121219-4.jpg

これまでの持込司会の実績が書かれている。

これでは会場側から苦情が出ると対応に苦慮するでしょう。

個人サイトなら無視されるかもしれないが会社のサイトは危険。


本日は、司会者を例にとりましたが、

他の商品を扱う皆様にも言えることです。

これは、共栄共存の法則に当てはまる。

自分だけ儲ける考え方ではやっていけない。

皆様、結婚するカップルを紹介してください!!

つづく





【2012.12.19 Wednesday 07:17】 author : のぶおじさん | ブライダル関連企業 | comments(0) | trackbacks(0) | -
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://manpukuji2.jugem.jp/trackback/1013051
トラックバック
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP