ブログ「まんぷく寺」ホテル・ブライダル最前線

ホテル・ブライダル業界に係る皆様の生の声を収集した結果報告。
<< Jリーグ開幕 ブライダル業界から忘れられている | main | 警告!ゼクシィ首都圏版の割引祭り >>
集客コストではなく決定コストで考える
本日は、2013年3月4日 ブログ1873号です。

ホテルや結婚式場の支配人さんは悩んでいる。

「結婚するカップルを玄関に呼ぶ方法」について。

常にゼクシィとの相談になる。

本誌の広告量について「増やさなければ来ないかなあ」

ゼクシィnetはこれ以上どうすればいいのか。



知っていましたか?


最近、ゼクシィの営業マンは「集客」の数のみ聞いているのを。

「何組決まりましたか」は聞かなくなっていませんか。

 a-130301-4.jpg

会場側は、「集客はゼクシィの責任、決定はこちらの責任」と思っている。

ゼクシィ側からみると集客さえ増やせば広告が続くと考えている。

来館さえ増やせば会場側は文句を言えないと考えている。

2013年4月号のゼクシィ首都圏版では、

a-P1010668.jpg

5軒の結婚式場を回れと訴えている。

a-P1010669.jpg

その理由もカップル目線で書いている。

この訴えは、ブライダル業界にとって不利益です。


最近、ゼクシィが売れていないといううわさを聞いたことありますか?


a-P1010671.jpg

カップルに最低4冊は買ってくださいと訴えている。

売れていない証拠です。

集客というのは予算達成につながらない。

最近、仮予約も死語になりつつあるように、

集客コストではなく決定コストで物事を考えよう!



つづく


【2013.03.04 Monday 07:51】 author : のぶおじさん | セミナー | comments(0) | trackbacks(0) | -
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://manpukuji2.jugem.jp/trackback/1013128
トラックバック
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP