ブログ「まんぷく寺」ホテル・ブライダル最前線

ホテル・ブライダル業界に係る皆様の生の声を収集した結果報告。
<< 信じられないゼクシィのいじめ | main | 結婚式を楽しもう! >>
ブライダル業界へ問う「黒服とは」
 本日は2013年3月9日 ブログ1878号です。

結婚披露宴でキャプテンと言われる人がいる。

タキシード(黒服)を着ている。

いつも私が思うことは、

「お前ら、黒服を甘く見てねえか」


レストランのサービスを勉強して、

実地訓練を重ねながらユニフォームを変えていく。

バスボーイ、ウエイター、ヘッドウエイター・・・・。

そしてキャプテン以上の役職について初めて黒服を着る。

私が黒服を着るまでに10年間かかった。

それまでの努力は涙なしでは語れない。

130309-1.jpg

37年前(1975年)、フランス・リヨンのポールボキューズでワインを飲む。

三ツ星レストランのサービスを学ぶ。

PICT0055a-.jpg

1986年フランスシャンパーニュのモエシャンドン社本社前。

シャンパンを学ぶ。

PICT0516a-.jpg

1988年フランス・パリ レ・セレブリテ メートルドテル ミシュラン一つ星

星付きレストランのサービスを実践した。(一番位の低い黒服)

サービススタッフ20名中黒服3名。

ゲストに責任を持ってサービスを担当できる人が黒服。

逆に言うと、黒服以外はゲストとしゃべることもできない。


ゲストを満足させる職種が黒服である。

結婚披露宴に招かれて満足したことがあっただろうか。

おいしいく楽しい披露宴の思い出があるだろうか。

うまいワインを飲んだことがあっただろうか。


当日のゲストの満足度を黒服があげない限り、

結婚披露宴の施行率は下がる一方だ。

当日のゲスト満足度を上げない限り

ゲストコメントで業績を下げていく。


ブライダル業界の皆様、黒服を育てよう!!

2013年3月9日まんぷく寺直営結婚式場、

業界で認められた黒服6名が全国から集合する。
(年齢合計260歳)

つづく



【2013.03.09 Saturday 07:06】 author : のぶおじさん | フランス・パリ | comments(0) | trackbacks(0) | -
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://manpukuji2.jugem.jp/trackback/1013133
トラックバック
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP