ブログ「まんぷく寺」ホテル・ブライダル最前線

ホテル・ブライダル業界に係る皆様の生の声を収集した結果報告。
<< テイクアンドギヴ・ニーズ社の決算研究 その6 | main | テイクアンドギヴ・ニーズ社の決算研究 その8 >>
テイクアンドギヴ・ニーズ社の決算研究 その7
 本日は、2013年5月21日(火)ブログ1952号です。

テイクアンドギヴ・ニーズ社の決算を見ながら

ホテル・式場の皆様と勉強をしています。

数字は科学的なものなので事実を表しています。

ブライダルマネージメントを目指して頑張ってまいりましょう。

今日は、決算短信【日本基準】(連結)の資料から抜粋しました。

まず、次期(2013年4月1日より2014年3月31日)の見通し。

a-tg-1.jpg

具体的には以下の項目を実施する。

直営店の強化

シナジー効果(相乗り効果)

ホテル婚礼受託事業の強化

等々

a-tg-2.jpg

売上を528億円から580億円に上げると書かれています。(52億円の増収)


有利子負債について

a-tg-3.jpg

T&G社は利息を払う負債が約285億円ある。

株式会社ブライズワードの連結子会社化及び取得に37億43百万円借りている。

純資産179億円に対して借り入れが285億円となっています。

借りる力というのが会社の評価かもしれません。

細かいことはまたにしてキャッシュ・フローを見ます。


投資活動によるキャッシュ・フローについて

a-tg-4.jpg

株式会社ブライズワードの取得に関して現金9億73百万円を使っています。

約47億円で連結子会社を取得したことになります。

売上貢献(3か月)が13億61百万円です。

単純に4倍すると年商54億円の子会社取得になります。

これにて次年度の売り上げ増という言葉に説得力が生まれます。

このシナジー効果を覚えておきましょう。

直営店施設強化(新規開業店舗)のために約7億円支出。

施設取得にも多額の資金が必要ですね。


a-tg-5.jpg

借金返済に年間79億26百万円使って、新たに53億円借りています。


この数字の意味が理解できる人は経営者ですね。

もっと深く研究していましょう!

つづく


【2013.05.21 Tuesday 07:35】 author : のぶおじさん | T&Gテイクアンドギブニーズ情報 | comments(0) | trackbacks(0) | -
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://manpukuji2.jugem.jp/trackback/1013208
トラックバック
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP