ブログ「まんぷく寺」ホテル・ブライダル最前線

ホテル・ブライダル業界に係る皆様の生の声を収集した結果報告。
<< 常に地震に備えよ その1 | main | 国際メニューを掲示しよう >>
常に地震に備えよ その2
 本日は、2014年4月6日(日)ブログ2268号です。

1995年1月17日 早朝

「神戸で大きな地震があったみたい」

当時、グアムでは日本のテレビを見ることができなかった。

いったい何が起こっているのかは一切わからなかった。

国際電話で「神戸が燃えている」などの情報だけ。


私は一週間後に神戸に戻った。

グアムから関西国際空港まで行き、

大阪から西宮まで電車で行き、

それからバスで神戸を目指すのだが

なかなか前に進まない。

西宮より神戸に近づくにつれて

街がひどいことになっていた。


私が撮影した帰国直後の三ノ宮界隈。

a-kobe-1.jpg

阪急三宮駅。

a-kobe-2.jpg

傾いたビル。

a-kobe-3.jpg

半分に折れたビル。

a-kobe-4.jpg

旧神戸国際会館。

a-kobe-8.jpg

三宮センター街。

a-kobe-12.jpg

倒れかけたビル。

a-kobe-9.jpg

三ノ宮界隈。

a-kobe-10.jpg

ビアホールミュンヘン大使館。

もしこれらのビルにいたらどうなるか。



a-kobe-11.jpg

呆然とする私。

a-kobe-5.jpg

私の自宅の近く。

a-kobe-13.jpg

私の自宅付近。

a-kobe-5.jpg

中央区大日通りは震度7弱の地域であった。

a-kobe-6.jpg


地震は突然やってくる。

「あ、地震だ」と思ってもどれだけ大きいのか分からない。

「これ、大きいぞ」と分かってもどうしていいかわからない。

「上から何が落ちてくるかわからない」


私は常にその場でしゃがんでいただけです。

幸運にも屋根が落ちることなく地震が終わっただけの話。

本当に紙一重の命だと感じた。


日本に帰国後、

静岡大地震の時に震源のホテルに泊まっていた。

東日本大震災の日は茨城と栃木の県境にいた。


皆様、地震はいつ来るかわからないが、

いつ来てもいいように準備をしておきましょう。

特に宿泊施設の営業中の場合、

危機管理をしっかりいたしましょう。


つづく
【2014.04.06 Sunday 17:07】 author : のぶおじさん | 地震関連 | comments(0) | trackbacks(0) | -
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://manpukuji2.jugem.jp/trackback/1013528
トラックバック
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP