ブログ「まんぷく寺」ホテル・ブライダル最前線

ホテル・ブライダル業界に係る皆様の生の声を収集した結果報告。
<< 韓国釜山グルメ情報その25 | main | 神戸タクシードラ―バー物語その2 >>
神戸タクシードライバー物語その1
本日は、2015年6月7日(日)ブログ2316号です。

a-IMG_0220.jpg


思い起こせば1年前。

最愛の母が亡くなった日。(正確には6月8日)

この日を境に私の人生が激変した。

今日は母の一周忌法要の日。

色々なことがあり、

事情もあって、

おいらは、

神戸の実家に居ることになった。

a-IMG_0269.jpg

料飲ビジネス一筋で、

42年間走ってきたが、

サービス業の原点から

再出発を誓った!

究極のサービス業である

タクシードラ―バーだ!

a-IMG_0258.jpg

時は、

2014年8月15日。

10日間の研修を終えて、

乗務員証を獲得して、

乗務開始である。

何と!

36年ぶりのタクシー乗務である。

a-IMG_0242.jpg

会社から出庫すると

13時間は自由に走り回る。

すべて自己責任で売上をあげるのみ。

売上の50%が自分の給料になる。


おいらのタクシー再デビューの話。

午前8時ごろ、神戸の中央区を流していたら、

一人の女性が手を上げた。

a-IMG_0292.jpg

静かに止まりドアーを開けた。

女性は「ふにゃふにゃまで」と早口で言った、

よく聞こえなかったおいらは

「はあ、どちらですか」

と聞き直したら、

突然、大声で

「急いでるんや!!はよ行けや!あほ!」

と怒鳴られた。

この女性はソープランドの泡姫でした。

神戸の歓楽街「福原」に行ってと言った。

きっちり、とあるソープランドの

従業員出入り口まで送った。


おいらのタクシードライバー

再デビューは、

泡姫に怒鳴られることから始まった。

a-IMG_0270.jpg


タクシーの運転手は世間の評価は低い。

間違っても尊敬される職業ではない。

確かに

「こんな奴と同じ職業なんて恥ずかしい」

と思える奴が多くいた。

「自分は違うんだ」

と思っても、世間は皆同じに思っている。


では、何故?

タクシードライバーに返り咲いたのか?

自称!

一流のホテルマンがタクシーに乗ったら

はたしていいサービスができるのだろうか?

この疑問に挑戦したのであった。


タクシー業界にも、

覆面調査が存在した!!

普通の客と同じようにタクシーを利用する。

その評価を兵庫県タクシー協会に提出する。


何と!!!!!!

おいらがその覆面調査をされてしまったのである!!

残念だがつづく。
 
【2015.06.07 Sunday 15:09】 author : のぶおじさん | タクシー乗務員物語 | comments(4) | trackbacks(0) | -
コメント
ブログの更新有難う御座います。
毎日楽しみにしています。お仕事の方は順調ですか?
神戸のタクシーの話しが出たので再開かと思いました (@_@)
【2015/06/08 2:40 PM】 ヨッシー |
ライトバンで市内うろちょろしてます。何処かですれ違ったかもしれませんね。
クルマは今でもみかけるので
経営者代わったのかもですね。
【2015/06/10 12:27 AM】 へな |
ヨッシーさん

ご無沙汰しています。
実は銀座の会社は超ブラックで
辞めました。

この次の話をお楽しみに。

頑張ってください。
【2015/06/11 10:12 AM】 のぶおじさん |
へなさん

コメントをいただきまして

ありがとうございます。

甲南交通の車が走っているのですか?

経営者は譲渡などしないと言ってましたが。

ありがとうございます。
【2015/06/11 10:14 AM】 のぶおじさん |
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://manpukuji2.jugem.jp/trackback/1013575
トラックバック
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP