ブログ「まんぷく寺」ホテル・ブライダル最前線

ホテル・ブライダル業界に係る皆様の生の声を収集した結果報告。
<< ホテル就職物語 その7 | main | ホテル就職物語 その9 >>
ホテル就職物語 その8
本日は、2015年10月30日(金)ブログ2428号です。

管理人ののぶおじさんは、

新しいプロジェクトのために

とある天空のホテルで研修を始めました。

このプロジェクトはぜひ皆様とともに

成功に導きたいと思うので、

進行状況を同時進行でお知らせいたします。


さて、以前に黒字のホテルがよいと書きました。

私は全額会社負担でフランス研修に行かせてもらえました。

日本から来る各ホテルの調理の皆様を案内するとき、

その費用のすべてがホテルの経費となったことです。

どこで何を食べて何を飲んでも会社経費となった。


もちろん、ホテルを黒字にするのはスタッフの力です。

会社からすると、

「どうぜ税金を払うならスタッフに使う」

という考えでしょう。

これは経常利益がでる黒字経営だからできるのです。


a-PICT0560.jpg

1988年、パリの高級ホテル、ホテルリッツダイニングにてランチ


私は日本の大阪でフランス料理のマネージャーをしていた。

ホテルのフレンチは赤字が当たり前という考え方の中、

大幅な黒字を計上した。

系列ホテルのフレンチレストラン再生企画を提案した。

このレポートが幹部の目に留まり、

フランス研修を勝ち取った。

a-PICT0562.jpg

手長エビのサラダ


ミシュランの星付きレストランを含めて100以上の

レストランを食べ歩きましたが、

料理とサービスのスキルは日本人が上と信じている。


a-PICT0563.jpg

仔羊のワゴンサービス。

a-PICT0564.jpg

かっこいですよね。

a-PICT0565.jpg

でも彼らのサービスは決して心に残るサービスではない。

a-PICT0561.jpg

毎日、毎日、こんなホテルのダイニングで

ランチとワインを飲めたのは、ホテルが黒字であったから。

a-PICT0566.jpg

ホテルの売り上げが上がる、

顧客をたくさん作る、

美味しいワインをどうすればたくさん飲んでもらうか。

そうなんです。

ホテルの売り上げはサービススタッフの

腕にかかっているということ。


2015年8月のとあるホテルで記憶。

ホテルのダイニングには数字の目標がない。

予約はすべて予約センターがとる。

今日出す料理の値段も知らされていない。

どれだけ働いても(働かされても)給料は同じ。

人がいないからほかのスタッフに注意もできない。

こんなホテルのダイニングでは、

今日、アルバイトに来た高校生に

ドリンクのオーダーを取らせて問題を起こしていた。

お酒も飲んだことも聞いたこともないスタッフに、

ホテルのダイニングでオーダーを取らせるなんて!!

ゲストにとっては失礼極まりない行為と嘆いた。


同じホテルでも、数字の目標を達成して

ホテルが黒字になるとスタッフに還元される。

一方、

働き蜂に徹して体が壊れたら捨てられる。


皆様、これが同じホテルといえるでしょうか?

就職を考える皆様、

ようく調べて結論を出すようにしましょう!!

つづく



JUGEMテーマ:ビジネス
【2015.10.30 Friday 09:49】 author : のぶおじさん | ホテル就職物語 | comments(0) | trackbacks(0) | -
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://manpukuji2.jugem.jp/trackback/1013687
トラックバック
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP