ブログ「まんぷく寺」ホテル・ブライダル最前線

ホテル・ブライダル業界に係る皆様の生の声を収集した結果報告。
<< 元旦の衝撃 | main | 目覚ましのセットを忘れていたら・・ >>
驚きのカキ小屋を思い出す
本日は、2016年1月2日(土)ブログ2490号です。

ホテルのお正月は多忙です。

お客様の満足のために頑張っているホテルマンたち。

本日の私も例外にあらず頑張ってきました。

まず、早朝の長野県松本市の温度は、

a-IMG_1130.jpg

今日の朝食は多忙のためやや早めに自宅を出たら、

a-IMG_1131.jpg

駐車場に雪が積もったままでした。

・・・完全燃焼・・・・・・

「ため息をついて帰宅時にも渋滞」

a-IMG_1141.jpg

朝からほぼ食事ができなかった!!

帰宅後、まず夕方ランチを作る。

a-IMG_1142.jpg

鍋用の野菜を使ってやきうどんです。

a-IMG_1146.jpg

「結構、焼うどんはお気に入りメニューです」


過去を振り返り驚いた飲食店を思い出してみる。

「あそこは驚いたな!!!」

a-P1010333.jpg

福岡県の糸島市にあるカキ小屋です。

a-P1010314.jpg

ビニールハウスに入ってみると驚きます。

a-P1010332.jpg

こんな感じの店内です。

赤い上着を着るのは、カキの殻が飛ぶからです。

a-P1010315.jpg

炭火で焼くと「パチパチ」と殻が飛びます。

a-P1010318.jpg

「ゲストのすべてが、最初は超驚く!」

「きゃー、おいしいーーーーー!」


a-P1010319.jpg

カキを手袋をはめて焼きます。

引っくり返して、殻が開くと食べることができます。

a-P1010328.jpg

イカも焼けます。

a-P1010320.jpg

ホタテ貝もサザエも焼けます。

a-P1010323.jpg

もうたまりません。


この後、週一回は出かけたと思います。

また行きたくなる飲食店には、

必ず驚きがありました。

驚きを演出する飲食店を作るためには・・・。

わくわくする新年でございます。

また、明日も早いのでこれで失礼いたします。

つづく


JUGEMテーマ:グルメ
【2016.01.02 Saturday 19:21】 author : のぶおじさん | 福岡事情 | comments(0) | trackbacks(0) | -
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://manpukuji2.jugem.jp/trackback/1013750
トラックバック
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP