ブログ「まんぷく寺」ホテル・ブライダル最前線

ホテル・ブライダル業界に係る皆様の生の声を収集した結果報告。
<< ホテルの婚礼商品を考える | main | 結婚披露晩餐会の企画 >>
吉本興業さんとのコラボ企画
本日は、2016年4月16日(土)ブログ2595号です。

ホテルの企画を考えるとき、

現場の負担を増やす企画は、

避けたほうが無難。

現場は企画で売り上げを上げたいのだが、

目の前の仕事に追われ、

企画に集中する余裕がないからです。

仕方がなかった私が取った戦略は、

他社の力を借りるコラボ企画です。



・・・一人で出かけた吉本興業本社・・・

吉本興業に電話をかけた。

Kプロデューサーがでられてこのような話になった。

「結婚披露宴の演出で吉本興業さんの
お力を借りたいのですが」

「すぐに来てください」
 

指示された場所に1人で出かけた。

吉本興業本社の事務所に入り驚いた。

テレビで見るお笑いの方々の顔が見られる。

本当に偶然であったが

Kプロデューサーは「吉本流 結婚」を担当する方。
 

私「ホテルと組んでなにわの披露宴をしていただけませんか」
 

K氏「ちょうど披露宴の演出を開発していたところなので、
グッドタイミングです」
 

私「名前も結婚でんねんにしますが、
他では一切使わないでよろしいですか」
 

K氏「勿論、かまいません」
 

私「何か問題や質問はありますか」
 

K氏「全く問題ないです」
 

私は、「吉本流結婚」の企画書を預かり帰社した。

こんなに簡単に話がまとまるなど思ってもいなかった。
 

その後も何度か吉本本社に

打ち合わせに行って数分の打合わせをする。

その後、

楽屋から客席に移り吉本新喜劇を見学する。


とうとう、フリーパスになった。
 

こうして吉本興業さんの協力が得られ

「なにわの披露宴 結婚でんねん」の企画書が完成した。
 

まあ、通常のホテルであればこの企画書を承認するとは思えない。

次はいかにして全員反対の企画書を通したかを説明する。

・・ここまで・・・

半ばお上のような会社がオーナーの

ホテルでこんな企画をどうして通したのか。

お楽しみに。

つづく

JUGEMテーマ:ビジネス
【2016.04.16 Saturday 09:09】 author : のぶおじさん | ホテレスウエディング | comments(0) | trackbacks(0) | -
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://manpukuji2.jugem.jp/trackback/1013855
トラックバック
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP