ブログ「まんぷく寺」ホテル・ブライダル最前線

ホテル・ブライダル業界に係る皆様の生の声を収集した結果報告。
<< 2017年結婚式の裏話・ご祝儀編3 | main | 2017年結婚式の裏話・ご祝儀編5 >>
2017年結婚式の裏話・ご祝儀編4

本日は、2017年1月5日

 

ブログ2845号です。

 

現在の結婚式に招待されて

 

お包みするご祝儀の金額について、

 

いつ頃から続くかを調べた。

 

諸説あるかもしれませんが、

 

私の経験も含めた報告です。

 

a-goshuugi.jpg

 

1980年ごろ、

 

私の周りで友人たちが結婚していった時代。

 

ご祝儀は、1万円くらいだと記憶している。

 

印象に残っているのは、ホテル内結婚式。

 

ホテルの社員の結婚式に呼ばれる。

 

ご祝儀は1万円。

 

余りにも頻繁に呼ばれるとき、

 

「引き出物いらないから、ご祝儀5千円協定」

 

 

この時の結婚式と披露宴は、

 

ご祝儀だけで賄うという考え方はなかった。

 

 

1991年から1996年まで海外勤務のため

 

結婚式に呼ばれた記憶がない。(日本で)

 

 

1997年、会社の部下の結婚式に行った。

 

私「ねえ、ご祝儀はいくら包むの」

 

友人「我々は3万円です」

 

この時に、ご祝儀は3万円となっていた。

 

この時代から、約20年間経過してますが、

 

ご祝儀の金額は常識額として継続中。

 

ただし、業界の考え方は変わっている。

 

「ご祝儀で結婚式を行う」

 

という考え方です。

 

多くの業界の皆様が、

 

ご祝儀で結婚式ができると言っているかも。

 

そもそも、ご祝儀はお二人への

 

お祝いのお金ではないのでしょうか。

 

それを、ご祝儀を使って、ご祝儀だけで

 

結婚式を行う考え方は正しいのでしょうか。

 

 

 

ご祝儀に関するサイトにリンクします。

 

結婚技研 結婚式ご祝儀相場 ここ

 

 

 

最近、ほぼ毎年、親戚として結婚式に呼ばれる。

 

どうもゲスト満足度は年々低下していると感じる。

 

明らかに結婚式のクオリティが低下している。

 

「来てよかった」

 

「本当に感動した」

 

「これからも仲良くしていこう」

 

と、思えるような結婚式がなくなった?

 

あくまで、私が出席した結婚式の話ですが。

 

なぜ、結婚式のクオリティが低下してきたか。

 

ちゃんとした理由がある。(随時公開)

 

 

結婚を考えるカップルがご祝儀に大きな疑問を持つ。

 

結婚式に呼ばれる人の負担が大きくなってきた。

 

出席しても満足しないようになってきた。

 

負担や満足を考えると、何とか欠席しようと考える。

 

このような流れを放置していいのでしょうか。

 

 

 

これから、結婚式をお考えの皆様、

 

どうか、お呼びする皆様の満足度を考えて、

 

お二人が皆様へ感謝を伝える式にしてください。

 

 

 

どのような施設が満足度が高いのか。

 

どのような結婚式が本当に喜ばれるか。

 

これも随時公開予定。

 

 

業界の皆様、

 

インターネットの普及で情報が乱れ飛んでいます。

 

今日やっていることが、明日には通じなくなる時代です。

 

この、高額ご祝儀マーケットがいつ無くなるかもしれない。

 

この対策を真剣に、早急に考える必要はありませんか。

 

 

つづく

 

 

注)私はすでに業界を引退していますので、

どの会社にも、その組織にも所属していませんので、

私見に対する一切の利害関係はありません。

 

 

 

JUGEMテーマ:ビジネス

【2017.01.05 Thursday 16:43】 author : のぶおじさん | 新・ブライダル企画  | comments(0) | trackbacks(0) | -
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://manpukuji2.jugem.jp/trackback/1014105
トラックバック
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP