ブログ「まんぷく寺」ホテル・ブライダル最前線

ホテル・ブライダル業界に係る皆様の生の声を収集した結果報告。
<< 2017年結婚式の裏話・ご祝儀6 | main | 2017年結婚式の裏話・この疑問1 >>
2017年結婚式の裏話・ご祝儀7

本日は、2017年1月8日

 

ブログ2848号です。

 

結婚式の裏話として、

 

結婚式の時に持って行く、

 

ご祝儀について考えてきました。

 

詳しく、結婚式の歴史も調べてみました。

 

まんぷく寺・歴史調査部資料より。

 

a-P1100925.jpg

 

昭和15年の帝国ホテルでの写真。

 

a-P1100928.jpg

 

昭和初期のご自宅での祝言の写真。

 

a-P1100927.jpg

 

洋装が確認できた昭和30年ごろの写真。

 

招待状の現物もある。

 

a-P1100933.jpg

 

いつのものかは確認取れていない。

 

a-P1100934.jpg

 

こうして、歴史を調べて、

 

a-P1100932.jpg

 

ご祝儀額の変化を調べてみた。

 

ようやく概要が分かってきたときに

 

素晴らしいサイトを見つけた。

 

ぜひ、ご覧いただきたい。

 

コラム新・日本の結婚式 ここ

 

非常に勉強になる素晴らしいサイトです。

 

a-rekishi-1.jpg

 

もう一度確認させていただくと、

 

1964年の東京オリンピックを契機に、

 

多くのホテルが開業。

 

それまで、公共の施設で行っていた披露宴も、

 

ホテルで行うようになっていった。

 

それまでの結婚式は、お手伝いと言う

 

労働でご奉仕を行っていたが、

 

肉体的なご奉仕をしなくてよくなり、

 

お金を渡すようになったと言われる。

 

その金額も、

 

やはり1万円以下と記録があった。

 

 

1万円以下の金額が3万円に高騰したのが、

 

バブル経済の1980年代後半。

 

それから、30年以上同じご祝儀の習慣が

 

続いてきた。

 

そして、その金額が、

 

当たり前のように公表されている。

 

検索キーワード

 

「結婚式のご祝儀相場」

 

 

 

 

何度も繰り返しますが、

 

ご祝儀は、結婚式の参加費ではありません。

 

結婚するお二人へのお祝いです。

 

おめでとうと言う気持ちを、

 

ご祝儀と言う形でお二人に差し上げるもの。

 

「ご祝儀で結婚式を行う」ものでは

 

無いことを共有しましょう。

 

共有するのは、

 

結婚式を挙げるご両家の皆様、

 

結婚式場などの業界の皆様。

 

 

つづく

 

 

注)私はすでに業界を引退していますので、

どの会社にも、その組織にも所属していませんので、

私見に対する一切の利害関係はありません。

 

 

JUGEMテーマ:ビジネス

【2017.01.08 Sunday 17:03】 author : のぶおじさん | 日本ブライダル史 | comments(0) | trackbacks(0) | -
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://manpukuji2.jugem.jp/trackback/1014108
トラックバック
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP