ブログ「まんぷく寺」ホテル・ブライダル最前線

ホテル・ブライダル業界に係る皆様の生の声を収集した結果報告。
<< 2017年結婚式の裏話・15,000円の料理とは | main | 2017年結婚式の裏話・結婚式のトラブル >>
2017年結婚式の裏話・フランス料理の工場

本日は、2017年1月20日

 

ブログ2861号です。

 

結婚式場のフランス料理のレベルは?

 

招待されたゲストが決める。

 

現在、フランス料理も含め調理人は

 

明らかに人手不足。

 

だから美味しいフランス料理ができない?

 

 

 

 

調理人がいないので料理を妥協する。

 

この考え方は、ブライダルビジネスを

 

行う人にとって致命傷となる。

 

 

もう、美味しいフランス料理も、

 

料理を仕入れる時代になっている。

 

 

 

 

とある山奥にある工場。

 

a-P1060497.jpg

 

かなりの山奥です。

 

a-P1060505.jpg

 

私「本日、見学するノブおじさんです」

 

係「着替えてください」

 

係「それから工場を案内します」

 

a-P1060541.jpg

 

企業機密

 

つまり、美味しいフランス料理を、

 

ほぼ完成した料理を作っている工場。

 

工場内も非公開。

 

 

では、その料理を見ていただこう。

 

a-P1060513.jpg

 

前菜6種盛り。

 

a-P1060508.jpg

 

a-P1060509.jpg

 

a-P1060510.jpg

 

a-P1060511.jpg

 

次はスープ。

 

a-P1060517.jpg

 

どんなスープもできますよ。

 

a-P1060519.jpg

 

ムースもこのとおり。

 

勿論、ソースも付いてます。

 

a-P1060516.jpg

 

このテリーヌはインパクトがありますね。

 

a-P1060523.jpg

 

お肉もできます、ソースだけでも可能。

 

 

ちょっと、結婚式に最適?

 

a-P1060525.jpg

 

冷凍にできるお寿司です。

 

a-P1060531.jpg

 

私「美味しいので、冷凍とはわからない」

 

そして、デザートも自由自在。

 

a-P1060533.jpg

 

a-P1060538.jpg

 

 

これらの料理は、ただ買うだけではありません。

 

料理長のレシピ―通りに作ってくれること。

 

手間暇かかる、

 

フォンドヴォーだけ、コンソメだけ、スモークサーモンだけ

 

こういう対応も可能。

 

 

 

料理に妥協するのではなく、

 

手が回らない部分を外注する時代です。

 

この対応こそが、ゲスト満足度の原点ではないでしょうか。

 

 

家賃の高い都会で広い調理場が無理なら、

 

山奥の完全安全工場(虫一匹いれない)を利用する。

 

 

 

つづく

 

 

 

JUGEMテーマ:ビジネス

【2017.01.20 Friday 22:55】 author : のぶおじさん | ブライダルメニュー | comments(0) | trackbacks(0) | -
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://manpukuji2.jugem.jp/trackback/1014121
トラックバック
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP