ブログ「まんぷく寺」ブライダル最前線

ブライダル業界の将来を考えて、ブライダルに係る皆様の生の声を収集した結果報告。
<< 休暇中のお詫び その4 | main | 結婚式場の契約について その1 >>
続・アニヴェルセル苦情報告 その7

本日は、2018年6月12日

 

ブログ3036号です。

 

アニヴェルセルみなとみらいの

 

苦情花嫁さんのブログ問題。

 

引き続き、

 

アニヴェルセルの商品価格。

 

と契約書の問題について。

 

その

 

苦情記録ブログはこちら、

アニヴェルセルへのクレーム編 その1

アニヴェルセルへのクレーム編 その2

アニヴェルセルへのクレーム編 その3

やっぱり最低だった

 

今日の苦情解説はこれ、

 

・・・ここから・・・・

 

だって最初の見積なんて

コンサルテーションで

初めて知りましたけど

か〜な〜りお安く出されてましたよ。

 

お料理なんて最低ランクでした!

 

でもまさか1食13000円が

最低ランクな値段だなんて

思いもしなかったから

気づけませんでしたwww

こんな貧乏人お断り

商売するんだったら

最初の見積段階で

お客を選別しとけばいいのに、

安く出して契約させてから

実はこんなにかかりますって

言い出して、

無理なら解約金払って下さいって………。

 

 

・・・ここまで・・・・

 

 

最初の見積りについて

 

「かなり安く出されていた」

 

これは業界の常識ですね。

 

a-P1170372.jpg

 

ゼクシィ首都圏版 2018年7月号

 

初回見積りは

 

MAX値で出してもらうべし

 

と書いている。

 

この記事、

 

「まったく業界が分かっていない」

 

もし、

 

すべての会場が、

 

MAX値で見積りを出したら、

 

結婚式の施行率は

 

劇的に下がる。

 

「え、結婚式ってこんなにかかるの?」

 

と言って、

 

結婚式をあきらめることに。

 

 

アニヴェルセル苦情花嫁さんの場合、

 

必ず事前に説明する必要があったかも。

 

「この見積は、必要最小限で出しています」

 

「この内容でもお客様はご満足されます」

 

「ここにお二人のこだわりが入ってきます」

 

「お二人のこだわりは、お二人のご予算内で」

 

こうして、

 

初回見積りの理由を説明する

 

必要があったということです。

 

 

 

a-P1170377.jpg

 

ゼクシィのこの記事では、

 

初期見積より、

 

持ち込みによって、

 

予算が低くできると書いている。

 

 

まったく営業妨害甚だしい。

 

 

私の経験では、

 

10,000組以上の

 

見積りをチェックしてきましたが、

 

下がった事例はほとんどなかったということ。

 

 

a-P1170362.jpg

 

対策として、

 

新規接客の時に、

 

見積りに対してちゃんと説明する。

 

必要最小限に出していると

 

ちゃんと説明すること。

 

 

 

つづく

 

 

 

JUGEMテーマ:ビジネス

【2018.06.12 Tuesday 06:27】 author : のぶおじさん | アニヴェルセル苦情関係 | comments(0) | trackbacks(0) | -
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://manpukuji2.jugem.jp/trackback/1014296
トラックバック
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP