ブログ「まんぷく寺」ブライダル最前線

ブライダル業界の将来を考えて、ブライダルに係る皆様の生の声を収集した結果報告。
<< 結婚式場の契約について その1 | main | 結婚式場の契約について その3 >>
結婚式場の契約について その2

本日は、2018年6月14日

 

ブログ3038号です。

 

アニヴェルセルみなとみらいの

 

苦情花嫁さんのブログ問題。

 

本日は、

 

結婚式場の

 

契約書の問題について。

 

 

結婚式に関する苦情は、

 

新郎新婦と会場側にとって

 

決してプラスにはならない。

 

 

そうならないために、

 

双方が

 

気を付けなくてはならない

 

契約書問題があります。

 

 

契約書に関して

 

具体的な問題点を

 

多くのサイトで書かれているので

 

ここでは省略します。

 

 

今日は、

 

契約前に出される見積書と、

 

結婚式が終わった後の

 

支払額の差について話します。

 

 

ゼクシィ首都圏版

2918年7月号より

 

a-P1170373.jpg

 

初期見積りと最終費用について

 

詳細にレポートしている。

 

a-P1170375.jpg

 

 

正式な調査記録として、

 

ゼクシィ結婚トレンド調査2017年首都圏より。

 

 

見積りより金額が上がった人に対して、

上がった金額を尋ねたところ、

「プラス100〜120万円未満」

が19%で 最も高く、

次いで「プラス40〜60万円未満」が15%、

「プラス20〜40万円未満」が12%、

「プラス140〜160万円 未満」が11%、

「プラス200〜220万円未満」が10%で続く。

平均は110.9万円となった。 

 

つまり、

 

平均110万円が初期見積りより

 

上がった事実を報告している。

 

 

 

 

アニヴェルセル苦情花嫁さんの

 

ケースを教訓にして、

 

苦情にならない契約に関して、

 

お互いがやらなくてはならない

 

対策を示します。

 

 

 

新郎新婦は、

 

結婚式の費用に関して、

 

色々、情報を収集してから

 

契約書にサインするように。

 

 

会場側は、

 

契約書の内容を口頭で

 

説明する。

 

特に、後々もめる可能性が高い、

 

持ち込みやキャンセル料、

 

結婚式までのスケジュールなどを

 

新郎新婦が納得するまで

 

詳細に説明する。

 

 

 

アニヴェルセル苦情花嫁さんの

 

ブログに書かれている、

 

「すべてが暴利」

 

と言う表現は無くなるはず。

 

 

 

「そんなことわかってるよ」

 

と思っていますか?

 

 

なら、

 

 

ブライダル業界の

 

苦情は激減しているはず。

 

 

タクシー車内で

 

「ぶつぶつ」

 

言うこともなかったはず。

 

 

 

 

お祝い事に嫌な思いがないように!

 

 

 

つづく

 

 

JUGEMテーマ:ビジネス

【2018.06.14 Thursday 07:32】 author : のぶおじさん | アニヴェルセル苦情関係 | comments(0) | trackbacks(0) | -
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://manpukuji2.jugem.jp/trackback/1014298
トラックバック
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP