ブログ「まんぷく寺」ブライダル最前線

ブライダル業界の将来を考えて、ブライダルに係る皆様の生の声を収集した結果報告。
<< 山岳リゾート JTBアンケート13 最終回 | main | ホテル再生の話 その2 >>
ホテル再生の話 その1

本日は、2018年10月27日

 

ブログ3085号です。

 

 

祝 湘南ベルマーレが、

 

ルヴァン杯で初優勝しました!!

 

サッカー観戦は、

 

元気をもらえますね。

 

 

熱い男たちの命がけの戦い。

 

いやあ、感動しました。

 

感動をありがとう!!!

 

 

ビジネスにもその熱い

 

思いで望めたら幸せですね。

 

 

では、本題に入りましょう。

 

ホテル再生の話です。

 

 

時は、

 

2018年7月下旬。

 

私に身内からメールが入った。

 

「ホテル業界の重鎮からの話」

 

「あるリゾート地のホテル再生案件」

 

「総支配人を探しているらしい」

 

「こんな話だけど興味ある?」

 

 

私「・・・・・・・・ある」

 

 

と言うことで、

 

詳しい話を聞くことにした。

 

ホテルの重鎮からの情報

 

そのホテルは、

 

とある超有名リゾート地にある。

 

ある巨大公共団体が保養施設として建てた。

 

当然のように、経費節約の流れで

 

2012年ごろに閉鎖した。

 

 

 

2015年ごろ、

 

巨大公共団体がこのホテルを

 

競売で売りに出した。

 

 

競売で獲得したのが

 

アジアのマイナーなホテルチェーン。

 

おそらく格安で落札したと思われる。

 

 

そのホテルチェーンで再オープンするも、

 

ほとんど営業にならずに逃げてしまった。

 

 

そこに、

 

今回の話を持ってきたK社が

 

引き続きオペレーションをしている。

 

 

約2年が経過して、

 

年間数千万円の赤字を出して、

 

困っているという案件。

 

 

 

私「なんかややこしい案件やな」

 

「まあ、話だけでも聞きましょうか」

 

 

ということで、

 

2018年8月初旬

 

私は、ホテルオーナーであるK社の

 

社長の面接を受けたのである。

 

なぜか現地も見ずに、

 

面接になったかは不明。

 

 

 

そして、

 

急がば回れと言う考えで、

 

8月のお盆前にホテルの視察に出かけた。

 

 

 

 

 

この話、

 

ホテル再生と言うメインテーマに、

 

銀行員の生きざまと言うサブテーマがつく。

 

 

a-P1170533.jpg

 

このホテル、

 

敷地内に子供用の巨大彫刻品が

 

数多く置かれている。

 

「意味が分からない」

 

と思いながら、

 

現地に行ったのです。

 

 

 

 

a-P1170564.jpg

 

撮影:管理人

 

 

つづく

 

 

 

JUGEMテーマ:ビジネス

【2018.10.27 Saturday 17:21】 author : のぶおじさん | ホテル再生 | comments(0) | trackbacks(0) | -
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://manpukuji2.jugem.jp/trackback/1014345
トラックバック
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP