ブログ「まんぷく寺」ホテル・ブライダル最前線

ホテル・ブライダル業界に係る皆様の生の声を収集した結果報告。
<< ホテル再生の話 その8 | main | ホテル再生の話 その10 >>
ホテル再生の話 その9

本日は、2018年11月20日

 

ブログ3093号です。

 

 

今回から数回、

 

ホテル再生の重要なポイントを

 

記録する。

 

 

私の歴史。

 

東京ディズニーランドが開業したのが、

 

1983年。

 

私が初めて、

 

東京ディズニーランドに行ったのが、

 

1985年。

 

a-P1050825.jpg

 

当時の私は、

 

「素晴らしい!」

 

と感動した。

 

 

特に掃除するキャストの動き。

 

 

 

そして、

 

私は、

 

東京ディズニーランドは、

 

「大人だまし」

 

の施設を作ったと思った。

 

 

それまでの日本の遊園地や

 

テーマパークは、

 

「子供だまし」

 

だったと思った。

 

 

「そうか、もう子供だましでは

 

ゲストのリピートはない」

 

 

その後、(1987年ごろ)

 

とある大学の観光学科で、

 

「ディズニーランドは大人だまし」

 

と言うテーマで講演した。

 

 

「これからのホテルビジネスは、

 

子供だましレベルでは成功しない」

 

などなどと述べた記憶がある。

 

 

過去、

 

私が手掛けたホテルや飲食店には、

 

お子様ランチと言うメニューは

 

作らなかった。

 

 

a-kid-4.jpg

(写真はイメージ)

 

私のこだわりのコンセプトは、

 

子供の料理こそ、

 

大人も喜ぶ以上の

 

レベルでなければならない。

 

 

東京ディズニーランド再訪!

 

30周年記念の2013年夏。

 

a-P1050850.jpg

 

大人も子供もみんな喜んでいた。

 

a-P1050843.jpg

 

しかし、

 

私個人の意見だが、

 

最初に行った感動はもはやなかった。

 

 

a-P1050886.jpg

 

 

時代は、

 

お子様メニューこそ

 

大人だましレベルへ。

 

 

次回から、

 

私が実施した、

 

お子様の心をつかむための、

 

ホテルや飲食店の商品づくり

 

を紹介する。

 

a-P1050823.jpg

(東京ディズニーランドのメニュー)

 

ディズニーランド写真:管理人撮影

 

 

a-kid-5.jpg

(写真はイメージ)

 

子供は、

 

ハンバーグとエビフライとから揚げを

 

出していればよい???

 

 

つづく

 

 

JUGEMテーマ:ビジネス

【2018.11.20 Tuesday 15:17】 author : のぶおじさん | ホテル再生 | comments(0) | trackbacks(0) | -
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://manpukuji2.jugem.jp/trackback/1014353
トラックバック
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP