ブログ「まんぷく寺」ホテル・ブライダル最前線

ホテル・ブライダル業界に係る皆様の生の声を収集した結果報告。
<< ゼクシィ関西2019年大阪編3 | main | ゼクシィ関西2019年大阪編5 >>
ゼクシィ関西2019年大阪編4

本日は、2019年4月15日

 

ブログ3156号です。

 

約10年前の2009年ごろ、

 

T&G(テイクアンドギヴ・ニーズ社)は、

 

業績が低迷して赤字計上していた。

 

その頃のゼクシィ広告が先日のもの。

 

2008年3月度の決算資料から

 

現状を報告します。

 

2月号の008年度の売上。

 

a-2008tg-5.jpg

 

直営部門の数字

 

2007年度の売上、417億円。

 

2008年度の売上、374億円。

 

42億円の売上減。

 

1会場200組の稼働を100%とすると、

 

2007年度58.9%が2008年度は44.3%と

 

かなり低くなっていた。

 

その原因は?

 

a-2008tg-3.jpg

 

マーケティングができていなかった結果という、

 

やや分かりにくい言い訳が記録されていた。

 

a-2008tg-4.jpg

 

しかし、

 

広告費は、前年の31億5千7百万円から、

 

34億4千9百万円に増やしていたが、

 

結果に結びつかなかった。

 

 

それでは、2009年度の目標は?

 

a-2008tg-1.jpg

 

20億円の赤字から、10億の黒字へ目標。

 

さあ、

 

T&Gはどのようにして目標に向かったのか?

 

 

 

ブライダル企業は、

 

ブライダルだけで生きている。

 

何としても業績を上げる必要があった。

 

そうしなければ、会社がなくなる。

 

 

ここがホテルとの違いである。

 

宣伝広告費、

 

ゼクシィ広告の内容、

 

すべてを見直した結果、

 

黒字に変えられたのか?

 

 

2019年の業績を上げるために、

 

過去を調べて未来につなげる!!

 

頑張れ大阪のホテル!!

 

 

つづく

 

 

JUGEMテーマ:ビジネス

【2019.04.15 Monday 13:33】 author : のぶおじさん | ゼクシィ | comments(0) | trackbacks(0) | -
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://manpukuji2.jugem.jp/trackback/1014416
トラックバック
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP