ブログ「まんぷく寺」ホテル・ブライダル最前線

ホテル・ブライダル業界に係る皆様の生の声を収集した結果報告。
<< メルパルク仙台苦情案件 まとめ5 | main | メルパルク仙台 コメントお答えします2 >>
メルパルク仙台 コメントお答えします1

本日は、2019年8月17日

 

ブログ3231号です。

 

 

メルパルク仙台苦情案件 

 

まとめ5に対して、

 

ご質問がコメントにてございました。

 

本来、このブログは、

 

「コメントは無視して削除」を

 

基本的なコンセプトにしてます。

 

 

その理由は、過去の経験からです。

 

 

ただし、

 

今回いただいたコメントは、

 

私自身が、

 

お答えする必要を感じました。

 

よって、

 

いただきましたコメントに対して、

 

ひとつ、ひとつ、お答えさせていただきます。

 

 

 

いただきましたコメント全文は、

 

お答え後に公開します。

 

 

ご質問抜粋1

 

・・・ここから・・・

 

なぜ現場の人たちは「煮えくりかえる思い」

 

とお考えなのでしょうか。

 

「自分達はきちんとやってるのに悪者にされた」

 

と感じるだろうな、ということでしょうか。

 

・・・・ここまで・・・・・

 

答え

 

まず、苦情T夫妻と友人らしき人の

 

コメントを読んで感じたこと。

 

会場側から、

 

「今後、二人と話すのは弁護士を通して」

 

という書き込みがあったと思います。

 

これは、会場側は、お二人と

 

まともに話し合えないという証拠です。

 

よって、現場担当者の気持ちは、

 

ネットで言いたい放題書かれることが、

 

煮えくり返る思いだったということです。

 

 

 

苦情T夫妻は、

 

「自分たちは正しく、絶対被害者」

 

という信じ込みで、

 

会場側に理不尽な要求をしていたと仮定。

 

 

会場側現場は、

 

「とても、話にならない」と、

 

お二人の要求はとても受けれないレベルと

 

判断したと思います。(現場判断でしょうが)

 

おそらく、

 

「何を言っているのか意味が分からない」

 

レベルの苦情と思います。

 

 

この苦情T夫妻は、

 

世間の常識を外れた要求をしているという意味です。

 

料金を払わないで苦情を言う事実を見ても、

 

この苦情T夫妻は普通に対応できないということ。

 

 

会場側にも言い分が多々あったと思います。

 

しかし、

 

お二人と話した、一語一語をネットで

 

反論を書かれる可能性も大きいと判断。

 

「まともに話ができない相手」

 

 

よって、

 

苦情T夫妻に対して、

 

「今後、お二人と話すのは弁護士を通して」

 

という発言になったと思われる。

 


会場側の感情(私の経験で推測)

 

どちらが正しいかを判断するのは、

 

第三者(弁護士や裁判)にゆだねたい

 

という現場の声が聞こえたからです。

 

 

言いたい放題言われた

 

会場側のスタッフは、

 

「煮えくり返る」怒りを

 

感じていたと予測できた。

 

 

お答えになってますか?

 

 

つづく

 

 

JUGEMテーマ:ビジネス

【2019.08.17 Saturday 06:44】 author : のぶおじさん | メルパルク仙台苦情関係 | comments(0) | trackbacks(0) | -
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://manpukuji2.jugem.jp/trackback/1014491
トラックバック
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP