ブログ「まんぷく寺」ブライダル最前線

ブライダル業界の将来を考えて、ブライダルに係る皆様の生の声を収集した結果報告。
アニヴェルセル苦情に対する現状報告 その1

本日は、2018年5月18日

 

ブログ3011号です。

 

 

このブログ、

 

最近のアクセストップは、

 

ダントツでアニヴェルセル苦情ページ。

 

おそらく、

 

結婚式場の苦情で検索する

 

皆様が多くおられると予測します。

 

 

 

シティホテルの婚礼ビジネス、

 

集客大作戦の公開の前に、

 

この苦情問題に関して、

 

詳しく解説させていただきます。

 

理由は、関心が高いので。

 

 

注)この苦情に関して、関係者に一切

取材をしていません。あくまで、私個人の

経験に基づく意見です。もし、間違っていたら

遠慮なくコメントをください。

 

a-P1170160.jpg

 

アニヴェルセルみなとみらい横浜

 

ゼクシィ広告 2018年1月号

 

そのブログはこちら、

アニヴェルセルへのクレーム編 その1

アニヴェルセルへのクレーム編 その2

アニヴェルセルへのクレーム編 その3

やっぱり最低だった

 

今日の苦情開設はこれ。

 

アニヴェルセルへ送ったメールより

 

・・・ブログより無許可掲載・・・。

 

・担当者の連絡について
挙式契約時に担当してくれた方(Tさん)が退職され、

担当者がいないので早く担当をつけてほしいと

会場へ電話で連絡した際、電話応対者は

「早急に手配し、明日か明後日には担当者からご連絡する」

と言っていたが、

実際に担当者(Aさん)から連絡が来た時には

当初の電話から1週間以上経っていた

 

・・・ここまで・・・・

 

a-P1170161.jpg

 

一般的に、

 

アニヴェルセルみなとみらい横浜の規模では、

 

見学に来られたカップルへ説明する係と

 

実際に打合せするスタッフは別です。

 

専門用語では、

 

最初に説明する係は新規営業スタッフ。

 

打合せするスタッフは、

 

ウエディングプランナーと言う。

 

 

 

最初に契約を決めてもらったスタッフは、

 

打合せが始まる約三か月前まで、

 

お二人の担当者になる場合が多い。

 

電話対応などの担当者。

 

 

会場では、

 

結婚式の約三か月前に支配人が担当者を決める。

(なぜ三か月かは理由がある)

 

指名された担当者は、

 

通常、電話にてお二人にあいさつをする。

 

「これから当日までよろしくお願いします」

 

「全力で頑張ります」と言う挨拶です。

 

 

苦情花嫁さんは、

 

新規営業の担当者が退職した後、

 

早く担当者を決めてほしいと連絡した。

 

 

新規営業のスタッフ(Tさん)が退職。

 

会社である以上、退職者はでる。

 

特にブライダル業界の主力スタッフは、

 

結婚適齢期の女性が多く働いているために

 

退職するケースは多いと思う。

 

 

問題は、

 

苦情花嫁さんが電話をかけた時期。

 

結婚式の三か月前か後か。

 

ブログの公開日は、

 

2017年9月5日なので、

 

結婚式の10月9日まで一か月の時点。

 

もし、その電話が三か月を切っていたら

 

かなりやばい要因が潜んでいたと考えられる。

 

 

よく、

 

貸切タイプのゲストハウス会場で使う、

 

「お二人の専属ウエディングプランナー」

 

と言う表現。

 

 

私の経験では、(アートグレイスポートサイドヴィラ)

 

ウエディングプランナーは毎週担当がある。

 

加えて、多忙の時は、

 

土曜日に担当して、日曜日も担当する。

 

一か月4組から10組の担当。

 

よって、

 

お二人の専属プランナーは、

 

お二人のほかに専属の担当が、

 

常に12組から24組持っているのが現状。

 

 

今週の担当が終わったら、

 

三か月先の担当が言い渡されるということ。

 

 

 

苦情花嫁さんから電話を受けたスタッフが、

 

今日か明日に連絡しますと言ったのは、

 

常識的な話です。

 

おそらく、

 

電話があったので折り返しお願いしますという

 

メモをウエディングプランナーの

 

机の上に置いたのでしょう。

 

そして、

 

担当のウエディングプランナーの机には、

 

何十枚もメモが常に置かれています。

 

常に席を外すくらい忙しいということ。

 

 

メモに対するアクションですが、

 

直近の花嫁さんが優先するので、

 

この苦情花嫁さんは打合せ前なので

 

優先順位が高くなかったのでしょう。

 

よって、今日か明日に電話するという

 

約束は守られない運命でした。

 

 

そして、ずるずる一週間経過したと思います。

 

 

 

ウエディングプランナーのAさんも、

 

必死で仕事をしていたが、

 

目先の仕事に追われ、

 

この苦情に至ったのでしょうね。

 

 

今日はここまで。

 

 

つづく

 

JUGEMテーマ:ビジネス

【2018.05.18 Friday 06:15】 author : のぶおじさん | アニヴェルセル苦情関係 | comments(0) | trackbacks(0) | -
ウエディングホテルに学ぶ その15

本日は、2018年5月17日

 

ブログ3010号です。

 

 

「シティホテルウエディング復活の時」

 

と言う私。

 

そのためには何をすべきか。

 

そのヒントを伝えます。

 

ウエディングを売上の基礎とする、

 

ウエディングホテルに学ぼう!!

 

 

おいしそうな料理写真とは?

 

Netからランダムに選んだ

 

料理写真です。

 

 

この写真を見て、

 

おいしそうな料理か?

 

本当に美味しいのか?

 

美味しそうに見える写真か、

 

美味しそうに見えない写真か。

 

皆様で判断ください。

 

a-menu12.jpg

 

a-menu11.jpg

 

a-menu9.jpg

 

a-menu8.jpg

 

a-menu6.jpg

 

a-menu4.jpg

 

a-menu3.jpg

 

a-menu2.jpg

 

 

 

 

いかがでしょうか?

 

 

さて、

 

次回からは、

 

いよいよ集客についてレポートします。

 

 

ウエディングホテルの集客テクニックと

 

シティホテルの集客では全く違います。

 

 

シティホテルには集客に使える予算が

 

少ないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ビジネス

【2018.05.17 Thursday 06:15】 author : のぶおじさん | ブライダルメニュー | comments(0) | trackbacks(0) | -
ウエディングホテルに学ぶ その14

本日は、2018年5月16日

 

ブログ3009号です。

 

 

「シティホテルウエディング復活の時」

 

と言う私。

 

そのためには何をすべきか。

 

そのヒントを伝えます。

 

ウエディングを売上の基礎とする、

 

ウエディングホテルに学ぼう!!

 

 

と言いながら、

 

a-P1070831.jpg

 

試食会で分かったことがあります。

 

「複雑な料理は美味くない」

 

と言うことが。

 

 

試食会にいた皆様は、

 

20代前半の若きスタッフたち。

 

料理の評価よりも、

 

レスキューバターのことで

 

盛り上がっていた。

 

「日本の結婚式場で、

 

こんな高価なバターを使っている

 

会場はない」と。

 

a-P1070843.jpg

 

おそらく、

 

試食会に出たスタッフの本音は、

 

「これがおいしい料理だろう」

 

「まだ、私には分からないわ」

 

「みんながおいしそうにたべているので」

 

こんな感じかな。

 

 

皆様に申し上げます。

 

本当に美味しい料理とは、

 

「食べたら分かります」

 

理屈ではありません、

 

口にあう合わないではありません。

 

「本当に美味しく思います」

 

a-PICT0121.jpg

 

1976年11月(42年前) フランスリヨン

 

ミシュラン三ツ星 ポールボキューズ

 

a-PICT0123.jpg

 

スズキのパイ包み焼。

 

「ほぼ初めて食べる本場フランスの味」

 

生涯忘れられない味でした。

 

 

加えて言うと、

 

これまで行った、

 

結婚式で、

 

美味しかった思い出はない。

 

 

つまり、

 

結婚式の料理にはおいしさの

 

限界があるということ。

 

 

 

試食会でも、

 

誰も美味しくないと言わない。

 

いや、

 

言えない。

 

 

 

まして、

 

招待されたゲストは、

 

料理の評価を、

 

新郎・新婦の前では言えない。

 

(タクシーの中では言っていた)

 

 

 

では、

 

ウエディングホテルでは、

 

料理のおいしさをどのように伝えているか。

 

「美味しそうに見せるテクニック」だけ。

 

 

例えば、

 

a-menu05c.jpg

(写真はイメージ)

 

こんな写真をゼクシィやサイトで出してる。

 

 

 

 

本当によだれが出る料理とは?

 

a-menu5.jpg

 

レストランひらまつの名物料理

 

「フォアグラのキャベツ包み」

 

この写真を見て、

 

よだれが出る人は、

 

レストランひらまつで

 

美味しかった思い出を残した人。

 

 

そうですね、

 

シティホテルでは料理を

 

メインとして訴えよう!!!

 

 

その方法は次回へ。

 

 

つづく

 

JUGEMテーマ:ビジネス

【2018.05.16 Wednesday 06:43】 author : のぶおじさん | ホテル | comments(0) | trackbacks(0) | -
CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP