ブログ「まんぷく寺」ホテル・ブライダル最前線

ホテル・ブライダル業界に係る皆様の生の声を収集した結果報告。
たこ焼き屋の開業で事件です
本日は、2016年2月7日(日)ブログ2526号です。


忘れもしない、

2010年10月1日の出来事です。

午前11時にたこ焼き屋たいあんがオープンした。

最初のお客様がこう言った。

a-P1130393.jpg

お客様「ソースとマヨネーズをかけてください」

係り「はい、かしこまりました」

a-P1070931.jpg

係り「鰹節もおかけいたしましょうか」

お客様「はい、お願いいたします」

a-2010 10 01_2537.jpg

このたこ焼きが「300円です」

自分たちが苦労して作った「たこ焼き」という商品。

ソースとマヨネーズと鰹節をかけたこのたこ焼きは、

a-2010 10 01_2479.jpg

湘南大磯の皆様を狂わせた!!!

スタッフも初めて食べるソースたこ焼きに

「うそー、こんなに美味しくなるんだ」

ソースをかけることによりたこ焼きが完成した。

まったく偶然がもたらしたたこ焼きであった。


注)ソースはこだわりを用意していた。


イタリア食堂へ一度も来られなかったゲストも

大勢の皆様がたこ焼き屋に来られた。

営業終了の時間を待たずに、

a-P1130406.jpg

連日の完売御礼!!

「こんなに売れるとは思ってもいなかった」


これは夜逃げや店舗と言われたお店の大事件です。




私はたこ焼きがマーケットに

受けた場合の第二弾を考えていた。

15日後に早くも業態追加を決断!

a-P1130452.jpg

てっぱん食堂として飲める粉もん食堂にする。

a-P1130453.jpg

すべてが手作りの低コスト食堂の進化系挑戦物語。

a-2010 10 01_2550.jpg

イケメン店長と調理係のおいらの挑戦。

a-2010 10 01_2602.jpg

泡にもこだわる飲んでも食べてもうまい店。

てっぱん食堂への進化です!!

つづく


JUGEMテーマ:グルメ
【2016.02.07 Sunday 21:55】 author : のぶおじさん | 直営食堂 たいあん | comments(0) | trackbacks(0) | -
飲食店経営コンサルタントその11
本日は、2016年1月19日(火)ブログ2507号です。

今朝の長野県松本市も、

a-b 002.jpg

摂氏1度ながら、昨日の雪がドカンと残っていた。

朝5時前の通勤では約10分で着く道が、

a-b 003.jpg

駐車場の雪かきに10分。

a-b 004.jpg

想像以上の重労働です。

a-b 005.jpg

二日目の雪は重いのです。

a-b 006.jpg

こんな狭い道からスタートです。

すぐに渋滞。

a-b 009.jpg

一度は行きたい「釜山」という名の焼き肉店。

a-b 008.jpg

約1時間20分かかった!

雪国の通勤は大変だと嘆いていたら、

東京でも雪で大変だったと報道で知った。



さて、飲食店経営コンサルタントの話です。

私が開業したイタリア食堂「TAIAN]は

ネット集客で成功して、多くのゲストが来られた。

a-img040.jpg

週刊ホテルレストランのカラーページで紹介された。

多くの業界人の溜まり場的食堂になりました。

a-minasan-1.jpg

飲んで騒いで食べることができる食堂として多忙でした。


さて、この食堂の経営はどうであったのか。

前オーナーから「月200万円は売れる」ときいて

居ぬきで買った店舗でしたが、

月80万円の売り上げがやっとでした。

一人3,000円のおまかせコースがほとんどのオーダー。

約10名でいっぱいになる店です。

回転もしません。(調理が一人のため)

ドリンクを入れても5万円売れたら御の字。

平均すると一日3万円でした。

営業日は月23日として約80万円は妥当です。

a-P1120403.jpg

毎日、これだけの野菜を畑から集める。

ゲストニーズには決してNOと言わない。

サービス精神は満載なのでゲストは笑い喜ぶ。

FBコストは40%に設定していた。

そうすると、自分の給料も出ない。

この店は会社のアンテナショップ的な位置づけもあった。

これが飲食店経営の事実です。

会社の社長が調理場に立ってやっている場合ではない。

教えてもらった料理長のお弟子さんを迎えて

料理長(人気の女性シェフ)をお願いした。

私は自分でも頑張ったと言って8か月で引退。



やはりプロ!

料理が格段に良くなった。

a-P1190255.jpg

そうして、この店はどうなっていったか。

つづく



JUGEMテーマ:ビジネス
【2016.01.19 Tuesday 18:38】 author : のぶおじさん | 直営食堂 たいあん | comments(0) | trackbacks(0) | -
自然のバーニャカウダー
本日は、2015年12月31日(木)大みそか、ブログ2488号です。

世間が大みそかと騒いでいるであろう今日、

いつものリズムで起きる。

a-IMG_1074.jpg

少しだけ慣れた氷点下の朝。

いつものように慎重に運転して出社。

いつものように朝食の準備をした。

いつものように新聞撮影。

a-IMG_1075.jpg

地元の新聞の一面はこれ!

a-IMG_1076.jpg

独自路線で頑張っています。


いつものように朝食を頂き、

a-IMG_1077.jpg

いつものようにランチ営業のヘルプに出向く。

今日の読売新聞にワイングラスでビールを飲むという記事があった。

a-IMG_1082.jpg

同感です。

いつものように完全燃焼して退社。

a-IMG_1083.jpg

できる限り世間とは隔離されるように自宅へ。

いつものようにスーパーで買った野菜を中心に、

a-IMG_1084.jpg

キムチの鍋をつくり食べる。

a-IMG_1087.jpg

この野菜を食べながら過去の出来事を想うことがある。



湘南・大磯の無農薬野菜との出合い。

a-P1110075.jpg

天然のクレソンが採れる場所。

a-P1110078 (2).jpg

完全無農薬の畑。

a-P1110079 (3).jpg

ルッコラの畑。

a-P1110080.jpg

レタスの畑。

自分で店をしていた時に、

毎朝、畑に出向いて野菜を買ってくる。

a-P1110106.jpg

この野菜を食べてからスーパーの野菜が食えなくなった。

a-P1110107.jpg

これまで感じたことがない野菜の旨さ。

生の野菜をいかにすれば美味しく食べれるか?

a-P1110063.jpg

バーニャカウダーです。

この商品の発売を境にお店が繁盛店に変わった。

朝採れたての無農薬野菜を、その夜に提供する。

新鮮な天然地魚と同じような価値がありました。

多くの皆様に感動していただけました。


「また、あれが食べたいなあ」




上高地のレストランで提供できるように頑張ります。

皆様、今年もありがとうございました。

どうぞ、来年は感動するレストランプロジェクトを

応援してください。


皆様、よいお年をお迎えください。

つづく

JUGEMテーマ:グルメ
【2015.12.31 Thursday 20:06】 author : のぶおじさん | 直営食堂 たいあん | comments(0) | trackbacks(0) | -
大磯海岸に散策に行った
本日は、2015年12月27日(日)ブログ2484号です。

年末に連休を取って湘南の自宅に戻った。

本日、長野県松本市に戻るのです。

その前に湘南大磯海岸に行った。

a-IMG_0925.jpg

午前9時に国道134号線を走る。

箱根駅伝で走る道路です。

a-IMG_0926.jpg

気持ちの良いドライブです。

a-IMG_0929.jpg

よく、ここでバーベキュー大会を開催した大磯ビーチ。

a-IMG_0929.jpg

日曜日の大磯海岸では、

a-IMG_0932.jpg

多くのサーファーが海に出ていた。

「私がオーナーシェフしていたお店を見に行こう!」

a-IMG_0935.jpg

大磯海岸から車で約3分の場所です。

a-IMG_0936.jpg

ここです。

鉄板ダイニング「龍」という店になっていた。



長野県に帰る前に、

「来来亭のラーメンを食べに行こう!」

午前11時のオープンと同時に入った。

a-IMG_0952.jpg

よく通ったお店です。

a-IMG_0951.jpg

長野県松本市に来来亭がないので、

しばらく食べることができないので

家族全員でやってきた。

a-IMG_0945.jpg

「味の志向が変わったかもしれない」

「多少、塩辛く感じた」

なぜそう感じたかは不明です。

a-IMG_0946.jpg

「ごちそうさまでした」


ガソリンを満タンにして出発です。

湘南平塚では、

レギュラーガソリン1L 107円です。

a-IMG_0939.jpg

結構安くなっていますね。

a-IMG_0938.jpg

ちょうど正午に出発です。

a-IMG_0966.jpg

一度も休憩することなく長野県に入った。

高速道路を下りて、松本市に入ったら渋滞。

a-IMG_0975.jpg

松本市のレギュラーガソリン価格は、

1L 122円です。

「え、湘南より1L15円も高いな」

皆様の地区ではいくらになっていますか?




こうして、気温0度の松本市に戻ってきました。

「やはりかなり寒いなあ」


冷蔵庫の棚卸をしてから、

「年末年始の食料を買っておかねば」

とお買い物に出かけました。

a-IMG_0979.jpg

12月28日から1月4日まで休みなしで働きます。

ホテル内の食事と自炊で生き抜く覚悟です。


いつもお付き合いしていただき

ありがとうございます。


上高地のレストラン開業まで

119日となりました。


つづく





JUGEMテーマ:地域/ローカル
【2015.12.27 Sunday 21:05】 author : のぶおじさん | 直営食堂 たいあん | comments(0) | trackbacks(0) | -
てっぱん食堂たいあんのお好み焼き
 本日は、2014年3月18日(火)ブログ2250号です。

最近、まんぷく寺スタッフで雑談しているとき、

「あのお好み焼きが食べたい」と言う話題が多い。

大震災の後にまんぷく寺はお好み焼き屋だけをやっていた。

その時に出していた商品が食べたくてしょうがない。

今日は、その中でも一番人気であった、

大磯ミックス焼きデラックスマツコを紹介します。

a-P1130455.jpg

まず秘伝の生地にキャベツを入れ鉄板に流します。

天かすとネギを振りかけて具を乗せていきます。

a-P1130456.jpg

蛸のぶつ切りを大胆に。

a-P1130458.jpg

イカの切り身も大胆に入れます。

a-P1130460.jpg

エビも2尾入れて豚肉で覆います。

a-P1130461.jpg

こんな感じで具をまとめました。

a-P1130470.jpg

外の生地を織り込んでお好み焼きをまとめます。

これをひっくり返して、

a-P1130471.jpg

じっくりと蒸し焼きします。

a-P1130473.jpg

約15分で出来上がり特製ソースをかけます。

a-P1130474.jpg

鉄板の横で卵を落として、

a-P1130476.jpg

スクランブルエッグを作ります。

それを、

a-P1130479.jpg

お好み焼きに乗せて完成です。

当時の販売価格は980円でした。



皆様、いかがでしょうか?

もし一度でもたいあんでこのお好み焼きを食べた方なら

よだれが出ていることでしょう。


我々もまた作りたいし食べたいと思います。



この商品に興味がある方はご連絡ください。

お手伝いさせていただきます。

つづく
【2014.03.18 Tuesday 09:35】 author : のぶおじさん | 直営食堂 たいあん | comments(0) | trackbacks(0) | -
まんぷく寺の商品紹介
 本日は、2012年6月2日 ブログ1594号です。

毎月、

50店以上の飲食店を視察する管理人です。


私は考えます。

今、一番食べたい料理は何か?

a-P1130497.jpg

それは、

まんぷく寺直営レストランで出していた、

「牛スジ肉のお好み焼き」です。

このお好み焼きは、

玉子も山芋も一切使わないオンリーワンの生地で焼き上げます。

a-P1130459.jpg

お好み焼きの生地で包んで焼く調理法は他にありません。

私も店の賄でよく食べていました。

閉店して八か月が経過しましたが、

「胸をかきむしるように食べたくなります」

理屈ではありません。

もうすこし「たいあん」の商品を紹介します。

a-P1130529.jpg

爆発的に売れた「たいあんトンペイ焼き」です。

オーダー率50%のヒット商品です。

a-P1130646.jpg

単純だが美味い「やきそば」です。

激辛な「どろソース」をかけて食べると病みつきでした。

人の口は徐々に辛口嗜好になっていく。

その理論に合ったソースがゲスト満足度を上げました。


逆にまったく売れなかった商品もあります。

a-P1130040 (2).jpg

そうです、

「明石焼き」です。

湘南・大磯の60歳以上のゲストが、

口をそろえてこう言いました。

「あの?明石焼きってなんですか?」

過去に一度も食べたことがないと言われました。

約一か月で発売を中止しました。


こなもん文化のない地域でのこなもん食文化の提案。

ゲストが我々の対案に対して答えてくれました。

2011年の夏は、毎日100名以上のゲストを断わっていました。


「美味しい料理の発見は、

人生の幸福にとって天体の発見以上のことである」

(ブリア・サバラン)


まんぷく寺新事業は、

「うまい料理にこだわったビジネス」です。

近日公開予定!

つづく





【2012.06.02 Saturday 06:24】 author : のぶおじさん | 直営食堂 たいあん | comments(0) | trackbacks(0) | -
まんぷく寺レストラン事業部の発進!
 本日は、21012年6月1日 ブログ1593号です。


カラーコンサルタントのYUKOさんは、

管理人のぶおじさんが演じた自作自演ではないか?

という噂が流れているまんぷく寺です。


a-P1110111.jpg


皆様、

ご無沙汰しています、

管理人ののぶおじさんです。

現在、

私はコンサルタント活動をしていません。

理由は、

「言うのは簡単、やるのが難しい」

この考え方で「言う」コンサルをやめています。

「ではやってやろうではないか」


私の料飲一筋40年の経験を生かした

新規事業を始めることにしました。

もう間もなく「まんぷく寺新規事業部」の

発表が正式にできると思います。


現在、

私は毎月50店を超える飲食店の試食を続けています。

「胸をかきむしるように食べたくなる商品再開発」に必死です。


美味い料理を商品としたビジネスの開始です。



過去のまんぷく寺レストラン事業部の商品


イタリア食堂たいあん

a-P1010909.jpg

横浜根岸の「TAIAN」から引き継いだスパゲティカルボナーラです。

まんぷく寺最大のヒット商品ですね。

いまだに「たいあんのカルボナーラが喰いたい」と言われます。


a-DSC_3611.jpg

スパゲティアラビアータも再販売の声が多く聞かれます。

a-P1100903.jpg

幻のスパゲティ「キャビアのスパゲティ」です。当時販売価格5,000円。

a-DSC_1127.jpg

まんぷく寺オリジナルスパゲティペペロンチーノです。

ガンキャノンさんの支持を得ています。


a-P1110061.jpg

無農薬野菜のバーニャカウダー

野菜嫌いのお子様が野菜を食べ始めた「食育」商品。

あら、少々長くなってきましたね。

今日はここまでにしておきましょう!


つづく





【2012.06.01 Friday 06:30】 author : のぶおじさん | 直営食堂 たいあん | comments(0) | trackbacks(0) | -
食文化の演出家を目指して引退
 本日は、2011年11月30日 ブログ1437号です。

皆様、長らくの間お世話になりました。

まんぷく寺組織変更の為引退します。

今後は、食の演出家を目指して

頑張ります。

この1年、

思いでの食事シリーズ。

a-iphone111031 1337.jpg

a-iphone111031 1374.jpg

a-iphone111031 1458.jpg

a-iphone111031 1621.jpg

a-iphone111031 1896.jpg

a-iphone111031 1967.jpg

a-iphone111031 2189.jpg

a-iphone111031 2462.jpg

a-iphone111031 2467.jpg

a-iphone111031 2498.jpg

a-iphone111031 2312.jpg

a-iphone111031 2815.jpg

a-iphone111031 2975.jpg

a-iphone111031 2524.jpg

a-iphone111031 3097.jpg

a-iphone111031 3207.jpg

a-iphone111031 3382.jpg

撮影はすべてiPhone4です。

a-iphone111031 2884.jpg

ありがとうございました。

終わり


【2011.11.30 Wednesday 09:06】 author : のぶおじさん | 直営食堂 たいあん | comments(0) | trackbacks(0) | -
少なくなるプロのウエディングプランナー
 本日は、2011年11月25日 ブログ1432号です。

まんぷく寺直営店の閉店に関して、

感謝状(寄せ書き)をいただきました。

111124-2.jpg

111124-3.jpg

将来、ブライダル業界のお客様になるであろう

女子高校生3名からのプレゼントです。

たかが、お好み焼き屋ですよ!

111124-4.jpg

111124-5.jpg

111124-6.jpg


結婚式に比べると小さな感謝かもしれないが。


私が経験した話。

あるウエディングプランナーは、

新婚旅行後のお土産をほぼ送ってもらっている。

担当したご夫婦からの年賀状は支配人の何倍もあった。

そして、結婚式後の感謝の手紙も非常に多くもらっていた。


このウエディングプランナーは残業をしない。

個人売上ランキングも常にトップクラスを維持していた。


これがプロのウエディングプランナーと言える。

今年、引退したが。



プロの仕事は、新郎新婦から感謝される。


一生に一度の結婚式だから、

感動も人生最大のものになる。

ブライダルのプロは、感謝される仕事だと思う。

家や車をプレゼントされてもおかしくない!


最近、そんなプロのウエディングプランナーが

少なくなっていないだろうか。

つづく

【2011.11.25 Friday 10:13】 author : のぶおじさん | 直営食堂 たいあん | comments(0) | trackbacks(0) | -
お詫び 直営店閉店
 本日は、2011年11月24日 ブログ1431号です。

まんぷく寺直営の飲食店たいあんの完全閉店まであと4日。

現在、ブライダル業界のVIPの皆様が次々と来店いただき、

息つく暇もない状況でございます。

ぎりぎりの状況で営業を続けております。



そんな状況なので、

しばらく更新ができないかと思います。

111124-3.jpg

(閉店を惜しむ高校生ゲスト3名からの寄せ書き)

つづく


【2011.11.24 Thursday 16:25】 author : のぶおじさん | 直営食堂 たいあん | - | - | -
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP