ブログ「まんぷく寺」ホテル・ブライダル最前線

ホテル・ブライダル業界に係る皆様の生の声を収集した結果報告。
メルパルク仙台の弁護 その9

本日は、2019年7月27日 午前3時半

 

ブログ3217号です。

 

 

2019年7月26日 午後6時ごろ。

 

千葉県とある都市にある

 

巨大ショッピングモール。

 

本日二度目の来場。

 

月に一度の外食を終えたばかり

 

なのにとんかつが食べたくなった。

 

夏休みのモールの駐車場。

 

a-IMG_0461.jpg

 

私「え、少ない」

 

a-IMG_0452.jpg

 

フードコート 500席以上 客数名

 

a-IMG_0453.jpg

 

新型呼び出し機。

 

a-IMG_0454.jpg

 

それにしても客が少ないディナータイム。

 

a-IMG_0455.jpg

 

これで、890円です。

 

a-IMG_0456.jpg

 

なぜか、揚げ物は最強です。

 

a-IMG_0457.jpg

 

味噌汁に青ネギがあれば。

 

しかし、

 

とてもおいしかった。

 

 

食事後、

 

ウエディングコンセルジュに

 

寄ったら、

 

a-IMG_0451.jpg

 

こんな映画のポスターがあった。

 

私「面白そう」

 

 

やはり、

 

駐車場にて感無量に。

 

ビジネスの厳しさを感じる

 

a-IMG_0460.jpg

 

 

夕暮れの

 

巨大ショッピングモールの今。

 

a-IMG_0458.jpg

 

どこも、

 

経営することは大変なんだな。

 

 

 

約30年前、

 

大阪のホテルの顧客は

 

今でいう

 

反社会的組織の皆様方。

 

それこそ、

 

写真雑誌「フライデー」に載る

 

組幹部の皆様は、

 

ほとんどホテルレストランの顧客。

 

 

レストラン担当マネージャーとして、

 

多くの苦情を担当した。

 

 

何度も組事務所にお詫びにも行った。

 

実弾入り拳銃を向けられたことも。

 

 

しかし、

 

彼らは必ず金を払った後に

 

苦情を言った。

 

彼らにも、

 

「金払わな客ちゃうやろ」

 

と基本的なコンセプトがあった。

 

金を払った後に、

 

「ここで大声出されたら困るやろ」

 

「どないしてくれんね」

 

「誠意を見せろや」

 

と私を追い込んでいったのです。

 

 

繰り返して言いますが、

 

お金を払わないと客ではない。

 

よって、

 

苦情を言う資格がない。

 

 

ネットファンの皆様、

 

もう一度考えてくれ。

 

「お金を払わないと客ではない」

 

 

台風が来そうな東京へ出発!!

 

赤口の土曜日、

 

ブライダルビジネスが混乱しそう。

 

 

話はつづく。

 

 

JUGEMテーマ:ビジネス

【2019.07.27 Saturday 03:50】 author : のぶおじさん | メルパルク仙台苦情関係 | comments(0) | trackbacks(0) | -
メルパルク仙台の弁護 その8

本日は、2019年7月26日

 

ブログ3216号です。

 

 

まさに本日、

 

千葉県のある都市。

 

やっと夏らしい天気になった。

 

a-IMG_0445.jpg

 

日課のウオーキング。

 

やはりゼクシィ売上調査。

 

a-IMG_0447.jpg

 

やはりかなり売れている。

 

a-IMG_0448.jpg

 

本屋さんのブライダルコーナーは、

 

どう考えてもゼクシィの一人勝ち。

 

「おめでとうございます」

 

「今後とも、頑張ってください」

 

 

 

夏休みになった、

 

巨大ショッピングモール。

 

やはり、ファミリー客が多く、

 

いつもよりにぎわっている。

 

にぎわっているショッピングモールは楽しい。

 

まもなく公開の映画に目が止まる。

 

a-IMG_0449.jpg

 

私「見に行きたい」

 

こんな私ですが、

 

人生を終えたような過去から、

 

何故か蘇り、

 

毎日が楽しく充実している。

 

 

7月23日は月に一度の外食。(実はうそ)

 

a-IMG_0395.jpg

 

やはり来来亭の餃子セットを選んだ。

 

胸を掻きむしられるように食べたくなる。

 

a-IMG_0396.jpg

 

餃子もうまい!

 

a-IMG_0397.jpg

 

私の人生で、リピートしたラーメンNO1!!

 

 

a-IMG_0400.jpg

 

麺がうまい。

 

ぜひ、お試しください!!

 

 

私生活は、

 

相変わらず、

 

色々制約がある中を、

 

面白おかしく生きている。

 

それは、

 

自分の弁当を作りながら、

 

a-IMG_0411.jpg

 

弁当を同僚に300円で売っている。

 

 

そして、生きてゆくための自炊生活。

 

こだわりの料理を作っている。

 

a-IMG_0426.jpg

 

浮き粉を使った明石焼き。

 

関西人の粉もん禁断症状。

 

 

そんな、平凡に生きている私を

 

激怒させたブライダル事例!!!!!

 

 

 

 

ブライダル最前線!!

 

a-IMG_0441.jpg

 

私は、

 

都内の数多くのホテルで、

 

ブライダルゲストコメントの

 

調査を続けている。

 

2019年7月25日某ホテルで撮影。

(撮影:まんぷく寺写真部)

 

ゲストコメント(多数)

 

2019年7月20日

 

某ホテル挙式後の年配ゲストコメント、

 

「おいしかったね」

 

これは本音ですね。

 

もっと、

 

こんなゲストコメントが

 

つぶやかれるとよい。

 

 

 

 

そんな多忙な私ですが、

 

ちょっと、

 

時間ができたら、

 

スマホのネット検索などで、

 

メルパルク仙台大炎上その後などの

 

投稿を検索して見続けている。

 

 

 

皆様、

 

あえて声を大にして言いたい!!!

 

ほんとに、

 

メルパルク仙台問題ですが、

 

本質の問題を見誤っていませんか?

 

 

 

 

色々なサイト、ツイッター、

 

ブログなどなどで書き込んでいる皆様。

 

言いたい放題書いて、

 

メルパルク仙台はとんでもないホテル

 

と決めつけていることに対して。

 

 

 

もう一度、

 

強く強く申し上げます。

 

 

この苦情T夫妻は、

 

結婚式の費用(300万円越え?)

 

を払っていないという事実。

 

 

結婚式は、

 

時間と空間を売る商売!!!

 

 

その時間と空間を買っていながら、

 

料金を払わない事実。

 

 

会場側から言うと、

 

「それこそ詐欺だよね」

 

 

 

例えば、

 

分かりやすくほかの事例で説明すると。

 

通信販売で買った、

 

300万円のレクサスという車。

 

ハンドルの色が気に入らない。

 

思ったほどエンジンが回らない。

 

意外に燃費が悪い。

 

子供がドアに手を挟んだ。

 

エンジンブレーキがかかりにくい。

 

同乗した友人が車酔いした。

 

 

だから、

 

この車の料金を払わない。

 

そして、この車も返さない。

 

 

と言っているのと何が違う?

 

 

本当の被害者は、

 

ホテルメルパルク仙台!!

 

 

クチコミを書きこんだ皆様に、

 

書き込みに対する責任を追及したい

 

 

 

挙式、披露パーティを実施していながら、

 

そのサービスを受けながら、

 

料金を払わないのは、

 

客でも何でもない。

 

ただのクレーマー!!!

 

 

こんなネット世界になった今だから

 

あえて言いたい。

 

 

ホテルの不誠実な対応を、

 

「ゼクシィネットに書き込んだだけ」

 

「悲しんでいるから料金は払わない」

 

では絶対に許してはいけない。

 

 

 

テレビに出た被害者を演技して、

 

世間の同情を買っていること。

 

この被害妄想的な一方的な情報だけで、

 

面白おかしく、

 

ホテルを非難する皆様!

 

私「あなたは業界の何が分かってますか?」

 

何も知らないくせに、

 

ホテルや業界を非難することが、

 

決して許されるはずがない!!!

 

 

 

何故ならば、

 

それが原因で、

 

メルパルク仙台の信頼が完全に失墜している。

 

東証一部の上場親会社、

 

ワタベウエディングの株価にも影響。

 

 

その影響は金額にすると

 

計り知れない。

 

 

結婚式の費用300万円の比ではない。

 

 

メルパルク仙台は、

 

結婚式当日の、

 

ビデオ、写真などをすべてチェックすべし。

 

記録として詳細に残すべき。

 

そして、

 

関係者から詳細の事情をレクシャーし、

 

その客観的な意見を記録されたし。

 

それは、

 

感情的ではない、

 

具体的な証拠を集め記録されたし。

 

 

それを世間に公開する覚悟で収集されたし。

 

 

そして、この苦情T夫妻が言っている、

 

苦情目的の状況証拠が、

 

時間と空間を売ったホテルにとって、

 

どこまで本当の事実かを証明されたし。

 

 

これは業界の名誉をかけた

 

戦いになってくれ!!

 

 

そして、料金がいただけないと

 

判断した料金を差し引いて、

 

残金支払いの訴訟を起こすべき。

 

 

現実の証拠を積み上げることによって、

 

この苦情T夫妻の投稿内容が、

 

料金を払いたくないためのもの、

 

一時的な感情に訴えたクチコミということ、

 

の証明ができるということ。

 

これこそ、

 

言われ続けている業界やホテルの

 

生き残りをかけた戦い!!

 

 

 

そして、

 

この証拠を基に、

 

結婚式料金請求訴訟と、

 

ホテルの名誉棄損訴訟と、

 

株価下落の損害賠償訴訟、

 

裁判にて絶対に戦うべし。

 

 

これは、

 

今後のブライダル業界のためにも必要!!!

 

 

つづく

 

 

JUGEMテーマ:ビジネス

【2019.07.26 Friday 16:28】 author : のぶおじさん | メルパルク仙台苦情関係 | comments(1) | trackbacks(0) | -
メルパルク仙台の弁護 その7

本日は、2019年7月25日

 

ブログ3215号です。

 

 

メルパルク仙台の結婚式を、

 

ゼクシィネットにクチコミ。

 

 

この口コミは誰でも、

 

どのようにでも書き込めるもの。

 

あること、ないこと、勘違い、

 

悪意、善意など自由自在。

 

 

結果、

 

ホテルメルパルク仙台は、

 

とんでもないホテル(結婚式場)と

 

世間から非難を受け続けている。

 

 

クチコミを書き込んだ、

 

苦情T夫妻の言うことを、

 

100%信じて、

 

世間では面白おかしく扱っている。

 

 

私は、ブライダル施設の責任者として、

 

ネット書き込みを含む、

 

多くの苦情を受け、

 

対応してきた経験を持っている。

 

 

その経験から、

 

今回のケースを観察する限り、

 

メルパルク仙台が100%悪いとは、

 

とても思えない。

 

 

 

a-m-8.jpg

 

今日は、

 

プランナーAさんが言ったと思われる、

 

「貸切」についての解説。

 

メルパルク仙台の宴会場は5か所。

 

その中で、

 

貸切とうたっている会場は、

 

a-m-5.jpg

 

ヴィスタ中宴会場と思われる。

 

a-m-3.jpg

 

そのセールス分の詳細。

 

a-m-4.jpg

 

ホテル内で完全貸切りスタイルを実現。

 

 

ホテルの結婚式セールスで、

 

後発のハウスウエディング会場に

 

負けないように「貸切」を無理に開発。

 

 

 

完全貸切のゲストハウスの話。

 

 

仙台におけるハウスウエディング会場は、

 

2001年に開業した、

 

テイクアンドギヴ・ニーズ社、

 

アーカンジェル迎賓館仙台である。

 

a-tg-3.jpg

 

空間のすべて貸切だから。

 

a-tg-1.jpg

 

1会場ゲストハウスの場合、

 

1日2組の予約を取らないと経営できない。

 

問題は、

 

その貸切にできる時間の問題。

 

どこにも、その日1日貸切とは書いていない。

 

1日2組のタイムスケジュール例

 

一組目、

 

結婚式 10:00~

 

披露パーティ 11:00~13:30

 

パーティが終わると、すべてのゲストに、

 

すぐに会場から出てもらい

 

会場を再セットする。(ドンデン)

 

 

二組目、

 

結婚式 15:30~

 

披露パーティ 16:30~19:00

 

1組の貸切時間は、約4時間ということ。

 

この状況を十分に理解していない

 

ゲストが多いこと。

 

 

貸切という条件を守るために、

 

花嫁さんのメイクルームが2部屋ある。

 

理由は、花嫁さんは必ず時間が重なるため。

 

完全個室になっていて、

 

ほかの皆様とは会わない仕掛けがある。

 

 

そして、ゲストは強制的に

 

施設を追い出されることになる。

 

 

 

では、

 

メルパルクのケースを見てみよう。

 

a-m-8.jpg

 

2019年3月に前日の装飾はできませんと伝えられる。

 

苦情T夫妻が結婚式を行ったのは、

 

2019年6月22日(土・赤口)。

 

6月の土曜日に貸切にできる宴会場を、

 

1日1組の枠にしている可能性はゼロでしょう。

 

土曜日なら1日2組の枠を売っている。

 

一番人気は土曜日の午後枠。

 

 

苦情T夫妻は、

 

約1年前に、

 

2019年6月22日の午後を予約。

 

その時の夢は、

 

「自分たちで色々装飾したい」

 

と言われたと思われる。

 

プランナーのAさんは、

 

「まあ、素敵ですね〜」と

 

セールストークをした可能性が高い。

 

当然その時は午前の枠は売れていない。

 

 

それを聞いた、

 

苦情T夫妻は、

 

前日に装飾ができるのは、

 

1日貸切だと思った。

 

 

しかし、

 

3月にその午前枠がほかのカップルに

 

売れたということでしょうね。

 

 

ここで、もし、プランナーAさんが、

 

「その日1日貸切にします」と言ったならば、

 

メルパルク仙台の契約違反と言える。

 

 

1年前とは言え、土曜日に1日1組だけで

 

貸切にする約束はできるはずがない。

 

 

結婚式終了後、

 

苦情T夫妻は、

 

プランナーAさんと話をしたいと懇願。

 

その理由は、

 

「プランナーAさんが

 

すべてできると言ったでしょ」

 

と、

 

プランナーAさんを問い詰めるため。

 

プランナーAさんから言ったという証言を

 

取り付けて、

 

料金を払わなくて済むようにしたい。

 

 

しかし、

 

それこそ、言った言わないの平行線になるはず。

 

 

それを分かっているメルパルク側は、

 

とてもプランナーAさんを出すはずがない。

 

もし、出すとしたら会社としておかしい。

 

苦情T夫妻のいろいろ言っていることに対して、

 

メルパルク側は決して納得していない。

 

その証拠に、

 

「弁護士を通して連絡しないと話には応じません」

 

という通達に出ている。

 

だから、

 

第三者にどちらが正しいかを判断してほしいから。

 

本音は裁判で裁判官に、

 

どちらが正しいかを判断してほしいから。

 

 

一方的にネットに書き込んで、

 

大炎上して、

 

事情を知る人、知らない人が

 

面白おかしくメルパルク仙台を

 

とんでもないホテルだと大騒ぎ。

 

 

私から言わせると、

 

完全に営業妨害事案と思っている。

 

 

しかし、

 

ホテルメルパルク仙台側が、

 

苦情T夫妻の主張が間違っていて、

 

ホテル側の主張が、

 

正しいと証明する必要はある。

 

 

 

 

その証明の方法は?

 

私が経験済みの横浜で、

 

「苦情ゲストの書き込みは全てうそ」

 

と証拠を握った方法が有効だ。

 

 

長くなったので、

 

今日はここまで。

 

つづく

 

注)書いている意見は、経験から導いた

 

管理人の個人的な意見です。

 

JUGEMテーマ:ビジネス

【2019.07.25 Thursday 06:44】 author : のぶおじさん | メルパルク仙台苦情関係 | comments(1) | trackbacks(0) | -
メルパルク仙台の弁護 その6

本日は、2019年7月24日

 

ブログ3214号です。

 

私の仙台物語。

 

 

a-sendai-5 114.jpg

 

2003年秋 

 

アートグレイスウエディングフォレスト開業

 

仙台にはプロのウエディングプランナーが

 

いなかった。

 

 

仙台のオペレーションでは、

 

東京、横浜、大阪に勝る、

 

トラブル・アクシデント・言葉の弊害

 

に悩まされていた思い出。

 

 

a-sendai-5 110.jpg

 

ブライダルプロがいなかった大都会仙台。

 

ちょっと弁解を。

 

経験がないスタッフだが、

 

その潜在能力は高かった。

 

お愛想は抜群で、

 

その初々しさで許される事例もあった。

 

つまり、

 

「みんな純粋でいい人たち」

 

 

 

それでは、本題を!

 

a-m-8.jpg

 

今日は、

 

プランナーAさんについて。

 

プランナーAさんは、

 

初めてホテルに来た苦情Tさん夫妻に、

 

最初に接客したスタッフ。

 

いわゆる新規営業を担当した。

 

新規営業とは、

 

結婚式を考えるカップルに

 

自社会場を勧め、

 

契約に導く営業活動。

 

 

a-m-1.jpg

 

メルパルク仙台 公式サイトより

 

a-m-2.jpg

 

こんなにセールスポイントがいっぱい!

 

a-m-7.jpg

 

苦情T夫妻が言った色々な言葉。

 

プランナーAさんは、

 

できることもできそうにないことも、

 

「私たちにお任せください」

 

と言ったと考えられる。

 

 

プランナーAさんは、

 

公式サイトで公表されている、

 

「私たちにすべてをお任せください」

 

こんな接客をしたのかな。

 

 

公式サイトより引用

(接客のコンセプトか)

 

お客さまの為に何ができるのか。

 

お客さまの言葉

 

一つ一つを思い出し、

 

私たちが思っていることを共有し、

 

スタッフ全員で考えました。

 

 

a-m-5.jpg

 

 

ここで、後々問題になる

 

「貸切です」という接客に発展する。

 

報道では、

 

オーバーブッキングという表現で

 

ホテルを非難しているが、

 

これは、

 

貸切という表現において、

 

一日貸切、

 

半日貸切、

 

フロア貸切、

 

色々な意味で誤解が生じる。

 

それは、

 

貸切という表現の

 

大きな誤解と、

 

「言った言ってない」

 

の大問題になった。

 

後日、詳しく解説する。

 

 

 

仙台のマーケットは意外と小さい。

 

せっかく見学に来られた

 

貴重なカップルゆえ、

 

「お二人のやりたいことは全部可能」

 

「ホテルでは珍しい貸切で利用できます」

 

「いっしょにやりましょうね」

 

などと、

 

お二人の夢が実現できるような

 

表現で契約を勝ち取った。(と思う)

 

 

a-m-6.jpg

 

 

 

その結果、

 

300万円超えの結婚式プランを契約。

(明細表を公表されたし)

 

 

専門的には、

 

この契約締結時点で、

 

苦情になるかどうかの判断ができる。

 

例えば、

 

接客が終わってチェックするポイント。

 

あまりにも現実的ではない要望が多い。

 

自分たちが主演ドラマの演出が非現実的。

 

時間的な制約があるのを理解していない。

 

なにか特殊な事情がある。

 

 

私も、横浜や大阪で

 

「この予約取っていいのかな」

 

という事例があった。

 

結局、

 

新規接客スタッフの成績になると思って

 

契約を結んだが、

 

悩んで取った予約のすべてで、

 

今回のケース以上に大苦情に発展した。

 

 

 

では、苦情T夫妻が書き込んだ

 

具体的な事例の解説を始めます。

 

 

つづく

 

 

JUGEMテーマ:ビジネス

【2019.07.24 Wednesday 10:39】 author : のぶおじさん | メルパルク仙台苦情関係 | comments(0) | trackbacks(0) | -
メルパルク仙台の弁護 その5

本日は、2019年7月23日

 

ブログ3213号です。

 

 

本日(7月23日)は、

 

ゼクシィ首都圏版9月号の発売日。

 

午後1時半に千葉県のとある

 

巨大ショッピングモールへ

 

調査に行ってきた。

 

a-IMG_0419.jpg

 

オズウエディングが抵抗しているブライダルコーナー。

 

a-IMG_0418.jpg

 

あ、ゼクシィだけ別格扱いで、山のように積まれていた。

 

a-IMG_0420.jpg

 

300円をテレビCMで連呼している。

 

300円の価値以上のおまけで売れる?

 

 

ゼクシィが売れて、

 

結婚式をしたい人が増えればいいが。

 

 

 

メルパルク仙台の炎上問題。

 

こんな報道が大々的に行われると、

 

結婚式を控える人が増えそう。

 

 

さて、

 

メルパルク仙台弁護の件。

 

まず、この画像を見てください。

 

a-z-2.jpg

 

日本テレビ スッキリより

 

約1年前に、

 

今回の苦情ご本人T夫妻は、

 

300万円超の結婚式プランで契約

 

と報道されている。

 

 

私「ちょっと待ってくれ!!」

 

私は仙台で、

 

実際の結婚するカップルの

 

a-sendai-2 124.jpg

 

接客を経験した。

 

仙台カルチャーを色々教えてもらった。

 

 

まず、仙台の接客で驚いた事。

 

結婚を考えるカップルの

 

約50%のカップルの名字が同じ。

 

つまり、結婚するカップルの50%が

 

すでに入籍済みという事実。

 

 

すでに一緒に生活してるカップルが多い。

 

それだけに、結婚式費用には非常にシビアだった。

 

 

仙台の結婚式披露宴の招待客は、

 

2003年当時、90名という多さ。

 

a-z-1.jpg

 

 

2017年ゼクシィトレンド調査では、

 

招待客平均は、宮城県77名になっている。

 

 

2003年、仙台開業準備室の話。

 

結婚を考えるカップルに、

 

色々伺って、

 

見積書を出す。

 

招待客が多いと、

(首都圏では60名平均)

 

どうしても見積り総額が多くなる。

 

 

しかし、

 

招待客1名あたり

 

見積り3万円以下(×招待人数)

 

では出せない。

 

 

結婚を考えるカップルがその気になっても、

 

90名招待の見積り270万円を提示すると、

 

急に興ざめして帰ってい行った。

 

 

だから、ほかの都市と比べても

 

結婚式の予約が全く取れなかった。

 

 

メルパルク仙台へ苦情を言っている、

 

T夫妻は、

 

1年前の予約で300万超えと証言。

 

ネットからの情報では、

 

招待客は50名未満とのこと。

 

仮に、

 

招待客50名の見積りでも、

 

一人当たり6万円の見積りは、

 

常識ではありえない。

 

 

この見積り(T夫妻はプランと言っている)は、

 

契約時に、

 

招待客が80名から100名の数字ならわかるが。

 

 

私は、

 

このケース、

 

経験者の私から見ると、

 

最初から疑問だらけ。

 

その事情を知らずに、

 

苦情を出すカップルや友人の

 

断片的な証言を基に

 

大きく報道することは、

 

現実的ではない茶番劇としか思えない。

 

 

色々あったので、

 

結婚式の費用を払わないというならば、

 

1年前に契約した300万超の

 

プランの詳細を公開されたし。

 

 

私が、

 

その詳細を詳しく解説して見せます。

 

いかがでしょうか?

 

 

つづく

 

 

 

JUGEMテーマ:ビジネス

【2019.07.23 Tuesday 17:40】 author : のぶおじさん | メルパルク仙台苦情関係 | comments(1) | trackbacks(0) | -
メルパルク仙台の弁護 その4

本日は、2019年7月22日

 

ブログ3212号です。

 

 

私は、

 

1997年から、

 

東京、横浜、大阪と

 

結婚式場をオープンしてきた。

 

どこも大成功!!!!

 

 

そして、

 

2003年秋に、

 

仙台の結婚式場を開業。

 

a-sendai-5 002.jpg

 

しかし、

 

これまでの開業と、

 

明らかに違った仙台カルチャー。

 

 

あくまで私個人の経験。

 

 

従業員応募

 

横浜=多くの経験者が応募。

 

大阪=多くの経験者が応募。

 

仙台=多くの応募があるも経験者ゼロ。

 

 

売り込み業者

 

横浜=400社以上の売り込み。

 

大阪=200社以上の売り込み。

 

 

仙台=まったく売り込みがない。

 

 

 

配ぜん人手配

 

横浜=多くの配膳人紹介所が売り込み。

 

大阪=多くの配ぜん人紹介所が売り込み。

 

仙台=売り込みゼロ。

 

 

 

仙台市の繁華街、

 

国分町にあった開業準備室。

 

あの手この手で集客を仕掛ける。

 

a-sendai-2 107.jpg

 

毎週末にブライダルフェアを仕掛ける。

 

a-sendai-2 108.jpg

 

東京から一流のヘアーメイクリストに来てもらう。

 

a-sendai-2 112.jpg

 

私も、多くの皆様にご挨拶。

 

a-sendai-2 128.jpg

 

大盛況のブライダルフェア。

 

その後、

 

結婚式のことをいろいろ伺う。

 

a-sendai-2 124.jpg

 

勿論、私も接客に参加。

 

 

しかし、

 

何しても結婚式の予約は、

 

取れなかった。

 

 

 

これまでに開業準備室に比べ、

 

何もかも違った仙台開業準備室。

 

 

a-kari 161.jpg

 

アメリカから持ってきた

 

本物の「モーガン」でデモンストレーション。

 

a-sendai-2 026.jpg

 

商店街を何度も横切る。

 

a-sendai-2 017.jpg

 

仙台市内を走り回ったが、

 

何をしても、

 

結婚式の予約は積みあがらなかった。

 

 

 

 

そして、こんな苦労をして、

 

開業した結婚式場。

 

やはり、

 

今回のメルパルク仙台の苦情のような

 

出来事は〇〇〇〇事だった。

 

 

これまでの開業ではありえなかった、

 

仙台特有の苦情の連続。

 

 

さすがの私も、

 

「まいったな」

 

とつぶやいた。

 

 

今回の大炎上ケースが

 

日常茶飯事?????

 

 

 

次回は、

 

仙台のブライダル特殊マーケットについて

 

報告します。

 

 

つづく

 

 

 

JUGEMテーマ:ビジネス

【2019.07.22 Monday 06:02】 author : のぶおじさん | メルパルク仙台苦情関係 | comments(0) | trackbacks(0) | -
メルパルク仙台の弁護 その3

本日は、2019年7月21日

 

ブログ3211号です。

 

 

メルパルク仙台の炎上問題。

 

私も、

 

メルパルクを弁護する決意をした以上、

 

できる限り情報を収集する努力を続けている。

 

 

私が今後書くであろう弁護の言葉は、

 

興味本位のものではない。

 

 

その目的は、

 

これから結婚式を行うお二人への、

 

「こうならないための助言」

 

これからすべてのカップルに喜ばれる

 

結婚式場としての改革と対策。

 

 

二度とこんな不幸なことが

 

あってはならない。

 

 

 

 

私は、結婚式場を、

 

東京、横浜、大阪の順にオープン。

 

そして、仙台をオープンしたときに、

 

ほかの都市とは明らかに違う、

 

仙台カルチャーに腰を抜かした。

 

 

 

今回の炎上問題も、

 

この仙台カルチャーが影響している。

 

 

今回の問題を、

 

ほかの都市と比較してはならない。

 

 

 

この仙台カルチャーを知らない皆様が、

 

この炎上問題を語ったら、

 

まったく別方向に向く可能性大。

 

 

では、その仙台カルチャーとは何なのか?

(後日、詳しく報告する)

 

 

一言でいえば、

 

今回のケースは、

 

仙台では特別なことではない。

 

私も仙台で経験した隠された

 

問題が存在するという事実。

 

 

 

 

7月9日に放送された

 

日本テレビ系 スッキリ

 

この問題をテーマにしたブログ。

 

動画もあるので無断紹介します。

 

そのブログは ここ

 

 

この問題をわかりやすく紹介している動画。

 

(機械的な声が出ます)

 

 

この問題に対する

 

エンドロールカメラマンのぼやき

 

(音が出ます)

 

 

 

全体の流れで、

 

私が把握したことは、

 

ホテルメルパルク仙台は、

 

今回の炎上問題で、

 

納得していないようだ。

 

しかし、〇〇ない。

 

 

私がメルパルク仙台の代わりに

 

言いたいことがあるということ。

 

 

それは、

 

まったく同じような事件が、

 

2001年に横浜で起こっていた。

 

勿論、当時の苦情担当者は、

 

総支配人であった私の役目。

 

その時、

 

私はどうして事実を調査できたのか?

 

苦情の内容に多くの誤認が存在した。

 

私は、

 

「これは裁判したら間違いなく勝つ」

 

と思った。

 

そして、会社に報告して、

 

指示を待った。

 

 

その時、会社が下したアクションプランとは?

 

 

この問題も、

 

ケーススタディとして報告するつもり。

 

 

つづく

 

 

JUGEMテーマ:ビジネス

【2019.07.21 Sunday 13:37】 author : のぶおじさん | メルパルク仙台苦情関係 | comments(0) | trackbacks(0) | -
メルパルク仙台の弁護 その2

本日は、2019年7月20日

 

ブログ3210号です。

 

 

まず、

 

メルパルク仙台、

 

苦情!大炎上について。

 

私が読んだ情報源は ここ

 

まず、私が気にしたことは、

 

日本テレビ スッキリ関連

 

スッキリの放送を基にしたブログ。

 

ブログ「にんじ報告」より引用

 

・・・ここから・・・・・・

 

スッキリには、この夫婦(土屋さん)が顔出しで出演。

結婚式から2週間経っているが、

料金の支払いはしていないそうだ。


【訂正】式場側からは

「(費用)総額から(ミスをした

)司会者の分の金額を引きます。

残り総額支払って下さい」と言われたが、

土屋さん夫婦は

「私たちはそういう気持ちじゃない」と伝えた、

とのことだ。

【お詫び】この経緯について訂正しました。

料金を支払わない理由の

「私たちはそういう(料金を支払う)気持ちじゃない」

の部分について、

新婦さんが落ち込んでいることも含め

「精神的ショックを受けているため」

だと解釈していまして、

当初の記事にはそのように書いていました。

正確には上記の通り「そういう気持ちじゃない」ためでした。

 

・・・・・ここまで・・・・・

 

苦情をゼクシィクチコミに書いた

 

カップルは、

 

なんと!

 

ホテルメルパルク仙台に

 

結婚式の費用を払っていなかった。

 

 

この払っていなかった事実により、

 

業界内での判断が全く逆に取られる。

(可能性が大)

 

つまり、

 

料金を払いたくないために

 

いちゃもんをつけていると

 

思われても仕方がない。

 

 

通常、

 

私がやっていた施設のケースでは、

 

結婚式の費用は前払いが原則。

 

譲っても、

 

結婚式当日のご祝儀払いまで。

 

つまり、

 

結婚式後、後日清算は

 

未回収のリスクが大きくなるために

 

許されていなかった。

 

何故ならば、

 

払いたくないために、

 

苦情を言うカップルが現実にいる。

 

 

結婚式は、当日までは夢見る夢子ちゃん。

 

結婚式が終わったら現実を背負う新婚ちゃん。

 

明日から始まる新婚生活の現実で、

 

今、目の前にある何百万円もの大金を、

 

結婚式費用で払うなんてありえないから。

 

 

悪く言うと、

 

料金を払いたくないために

 

あら捜しをしたら、

 

いくらでもあらが見つかるということ。

 

 

いちゃもんのネタは無限にあるということ。

 

あくまで悪意の目で見ての話だが。

 

 

 

インターネットで大炎上に参加して、

 

コメントしている皆様、

 

「お金を払っていないカップルの苦情ですが」

 

という事実を認めてコメントされたし。

 

 

 

お金をいただて初めてお客様。

 

お金をいただいていないと、

 

ただのクレーマーと思われる。

 

 

ホテルメルパルク仙台としても、

 

お金をもらっていないわけだから、

 

アクションを起こせない事情がある訳。

 

 

それでは、

 

この事例はどうゆうことなのか?

 

具体的な苦情内容を検証してみましょう!!

 

でも、

 

次回にするわ。

 

 

つづく

 

 

JUGEMテーマ:ビジネス

【2019.07.20 Saturday 06:09】 author : のぶおじさん | メルパルク仙台苦情関係 | comments(0) | trackbacks(0) | -
メルパルク仙台の弁護 その1

本日は、2019年7月19日

 

ブログ3209号です。

 

結婚式を終えた新郎新婦お二人が、

 

ゼクシィのクチコミに投稿した。

 

a-me-3.jpg

 

その内容がこれ。

 

a-me-4.jpg

 

現実のサイトへ ここ

 

この投稿に対するホテル側のコメント

 

a-me-5.jpg

 

マネージャーの実名返答。

 

 

内容に関してはノーコメント。

 

 

その後も、

 

色々あって、この結婚式のことがネットで大炎上!!

 

 

私は炎上し始めたとき、

 

この苦情問題を把握した。

 

 

そして、

 

日本テレビ スッキリ

 

TBSテレビ サンデージャポン

 

などなどで大きく報道された。

 

新郎新婦の顔出し出演もあり。

 

 

テレビでは、

 

新郎新婦の話を基に、

 

とんでもないホテルだと決めつけて、

 

へらへら笑いながら、

 

言いたいことを言う出演者たち。

 

 

しかし、

 

ホテル側の意見はほぼ伝わってこない。

 

 

私はこう考えた。

 

「私の経験でこのケースの内部事情が理解できる」

 

「ホテル側の考えも手に取るようにわかる」

 

ちょっとその気になった私は、

 

「メルパルク仙台の弁護は私にしかできない」

 

と勝手に思い込んだようだ。

 

 

 

 

私は、

 

1997年に東京広尾に開業した、

 

ゲストハウスウエディング施設、

 

アプローズスクエアの開業準備室室長。

 

その後、総支配人。

 

 

2001年 横浜市に開業した、

 

アートグレイスポートサイドヴィラ

 

開業準備室室長、その後、総支配人。

 

 

2003年 大阪市に開業した、

 

アートグレイスウエディングコースト

 

開業準備室室長、その後、総支配人。

 

同時に、

 

2003年10月10日に仙台市に開業した、

 

アートグレイスウエディングフォレスト

 

開業準備室室長、その後、総支配人。

 

a-sendai 107.jpg

 

2003年3月24日

 

仙台市八木山 結婚式場建設の地鎮祭。

 

a-sendai 116.jpg

 

東北放送の土地で、元住宅展示場。

 

ライオンが逃げたことで有名な

 

八木山動物園の近く。

 

a-sendai 114.jpg

 

この位置にチャペルを立てる。

 

a-sendai 074.jpg

 

東京、横浜、大阪の開業で大成功を収めた、

 

ベストブライダルの東北初進出。

 

a-sendai 071.jpg

 

秋の開業を目指した地鎮祭。

 

a-sendai 120.jpg

 

お弁当を食べて、

 

a-sendai 121.jpg

 

ビールを飲んだ時、

 

社長からこういわれた。

 

「仙台の開業が不安なのでやってくれ」

 

私「はい、やらせていただきます」

 

 

 

私の思い出

 

東京、横浜、大阪で大成功!!

 

しかし、

 

仙台には特殊な事情が存在していた!!

 

 

私は2003年から約1年間、

 

大阪総支配人の兼務だったので、

 

大阪⇔仙台を行ったり来たりしながら、

 

開業準備から開業を目指した。

 

a-kari 153.jpg

 

国分町の開業準備室。

 

a-kari 163.jpg

 

私が運転して仙台市内を走り回った。

 

a-kari 154.jpg

 

やるべきことはやったが、

 

a-kari 165.jpg

 

信じられないくらい、

 

業績(開業前予約)大不振に陥っていた。

 

 

 

私は仙台ゲストハウス会場の支配人として、

 

仙台(東北地方)のお客様を迎え、

 

実際に結婚式場を運営をした経験を持っている。

 

加えて、

 

横浜で今回のケースと酷似した苦情も経験。

 

 

a-nenga04.jpg

2003年10月 仙台にて

 

 

私は、

 

仙台での式場支配人経験を持つ

 

数少ない人間として、

 

メルパルク仙台の弁護をしたくなった!!

 

 

つづく

 

注)あくまで管理人個人の経験から導かれた

個人的な意見。ネットで知りえた情報以外

何の取材も行っていない。

 

 

JUGEMテーマ:ビジネス

【2019.07.19 Friday 14:00】 author : のぶおじさん | メルパルク仙台苦情関係 | comments(0) | trackbacks(0) | -
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP